MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
飯岡沖エビハナダイ、これぞまさに絶好調!!【外房・飯岡沖】

飯岡沖エビハナダイ、これぞまさに絶好調!!【外房・飯岡沖】

生きたエビをエサに使い、胴付き仕掛けでハナダイを狙う飯岡港「梅花丸」では、100枚を超す釣果も珍しくないほど好調だ。

perm_media 《画像ギャラリー》飯岡沖エビハナダイ、これぞまさに絶好調!!【外房・飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

束釣りも珍しくない! 釣れるサイズもいい!

良型の3点掛け! 好調な証だ。

オデコが出た30㎝級も珍しくない。

追い食いを狙って多点掛けを狙うのも楽しみ方の一つだ。

この釣りは子供でも手軽に楽しめる。

5月からは生きエビを使った一つテンヤマダイにも出船予定の「梅花丸」。こんな大型も期待できる。

「エビハナダイ」は胴付き仕掛けと生きたエビエサでハナダイを狙う釣りだ。

エサ付けのバリエーション。「ハリを刺したエビが回らないように」が前提!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「梅花丸」。

「エビの尾羽を切って、そこからハリ先を入れ、エビがまっすぐになるように刺してください。エビが曲がってハリに付いていると、それが回転してしまいます。またハナダイは海底付近にいるので底を狙ってください」とは「梅花丸」の梅花亮佑船長。
当日、狙ったポイントは飯岡沖の水深18m。釣れるハナダイのサイズは良型も多く、デコダイと呼ばれる尺級も顔を出した。また、この日は少ないようだったがゲストにはホウボウ、マアジ、カサゴもまじりクーラーのなかは賑やかになった。
この釣りのエサに使う生きエビを確保するのは、実に大変なこと。まだ未明に船を出してアミを引いてエビを捕る。そして、捕獲したエビを生かしておく苦労も並大抵ではない。その生きエビを豊富に用意してくれる船は今や貴重な存在といえる。
そんな「梅花丸」だが、5月から稼働できる船が増え、生きエビを使った一つテンヤマダイにも本格的に出船予定。エビでタイを釣る楽しさを、タップリと楽しんではいかがだろうか!

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

最新記事
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル