MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
束釣りもねらえる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖】

束釣りもねらえる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖】

今年も外房、勝浦沖でヤリイカが釣れだした。ヤリイカの産卵場所でもある勝浦沖は、小型のメスの群れを追うように大型のオスの群れが大挙して押し寄せてくる。

産卵場所で大型オスは釣り味最高! 抱卵メスは食べる楽しみ倍増

小型のメス、大型のオスがまじって釣れる。ここがまさにヤリイカの産卵場所なのだ。

6点掛け、7点掛けもある乗りのよさ。浅場で釣れ出せば束釣りも。

この日はトップ64杯。その後は100杯近い釣果の日もある。

ズシッと重いパラソルサイズの多点掛け。外房勝浦沖のヤリイカが釣れてます!

刺身はもちろん、卵を持っているメスは卵ごと煮付けにするなど、食べる楽しみもいっぱいだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部港「信照丸」。

その産卵場所に最も近い港のひとつが勝浦松部港だ。同港の「信照丸」は、最盛期には港から約10分ほどのところでヤリイカを狙うという。
まだ開始したばかりのため、この日は港から少し離れた深場で釣れたが、これから水深がどんどん浅くなり100m 前後で釣れるようになると、手返しもよくなり、束釣りも期待できる。
オスは50㎝前後のパラソル級と呼ばれる大型に成長して、強い引きを味わえるようになる。また、メスの卵は煮付けなどで食べると非常においしく、食べる楽しみも大きい。
この日はトップが60杯ほどだったが、大群が次々とやってくるとさらに釣果は伸び数釣りが楽しめるので、チャンスを逃さずに釣行したい。いよいよ外房ヤリイカも本格化してきた。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読