MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
束釣りもねらえる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖】

束釣りもねらえる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖】

今年も外房、勝浦沖でヤリイカが釣れだした。ヤリイカの産卵場所でもある勝浦沖は、小型のメスの群れを追うように大型のオスの群れが大挙して押し寄せてくる。

産卵場所で大型オスは釣り味最高! 抱卵メスは食べる楽しみ倍増

小型のメス、大型のオスがまじって釣れる。ここがまさにヤリイカの産卵場所なのだ。

6点掛け、7点掛けもある乗りのよさ。浅場で釣れ出せば束釣りも。

この日はトップ64杯。その後は100杯近い釣果の日もある。

ズシッと重いパラソルサイズの多点掛け。外房勝浦沖のヤリイカが釣れてます!

刺身はもちろん、卵を持っているメスは卵ごと煮付けにするなど、食べる楽しみもいっぱいだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部港「信照丸」。

その産卵場所に最も近い港のひとつが勝浦松部港だ。同港の「信照丸」は、最盛期には港から約10分ほどのところでヤリイカを狙うという。
まだ開始したばかりのため、この日は港から少し離れた深場で釣れたが、これから水深がどんどん浅くなり100m 前後で釣れるようになると、手返しもよくなり、束釣りも期待できる。
オスは50㎝前後のパラソル級と呼ばれる大型に成長して、強い引きを味わえるようになる。また、メスの卵は煮付けなどで食べると非常においしく、食べる楽しみも大きい。
この日はトップが60杯ほどだったが、大群が次々とやってくるとさらに釣果は伸び数釣りが楽しめるので、チャンスを逃さずに釣行したい。いよいよ外房ヤリイカも本格化してきた。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読