束釣りもねらえる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖】

束釣りもねらえる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖】

今年も外房、勝浦沖でヤリイカが釣れだした。ヤリイカの産卵場所でもある勝浦沖は、小型のメスの群れを追うように大型のオスの群れが大挙して押し寄せてくる。


産卵場所で大型オスは釣り味最高! 抱卵メスは食べる楽しみ倍増

小型のメス、大型のオスがまじって釣れる。ここがまさにヤリイカの産卵場所なのだ。

6点掛け、7点掛けもある乗りのよさ。浅場で釣れ出せば束釣りも。

この日はトップ64杯。その後は100杯近い釣果の日もある。

ズシッと重いパラソルサイズの多点掛け。外房勝浦沖のヤリイカが釣れてます!

刺身はもちろん、卵を持っているメスは卵ごと煮付けにするなど、食べる楽しみもいっぱいだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部港「信照丸」。

その産卵場所に最も近い港のひとつが勝浦松部港だ。同港の「信照丸」は、最盛期には港から約10分ほどのところでヤリイカを狙うという。
まだ開始したばかりのため、この日は港から少し離れた深場で釣れたが、これから水深がどんどん浅くなり100m 前後で釣れるようになると、手返しもよくなり、束釣りも期待できる。
オスは50㎝前後のパラソル級と呼ばれる大型に成長して、強い引きを味わえるようになる。また、メスの卵は煮付けなどで食べると非常においしく、食べる楽しみも大きい。
この日はトップが60杯ほどだったが、大群が次々とやってくるとさらに釣果は伸び数釣りが楽しめるので、チャンスを逃さずに釣行したい。いよいよ外房ヤリイカも本格化してきた。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

真夏のヒラメ釣りと言えば、真っ先に思い浮かぶのが外房、銚子、飯岡エリア。毎年6月1日から解禁し翌年3月までのロングランでヒラメが狙え、他の釣り場の多くが禁漁となる夏場もコンスタントな釣果が期待できるのが特徴だ。


伝統釣法カモシ釣りでマダイ&ヒラマサをダブル狙い!(広丸)

伝統釣法カモシ釣りでマダイ&ヒラマサをダブル狙い!(広丸)

外房・勝浦から御宿にかけて行われている伝統のカモシ釣り。今期は例年より早い開幕を迎えターゲットとなる青物がコンスタントに釣れている。


アタリ多く釣りやすい! 外房・外川沖の夏ビラメの仕掛け(福田丸)

アタリ多く釣りやすい! 外房・外川沖の夏ビラメの仕掛け(福田丸)

外房・外川〜飯岡のヒラメは6月からシーズンが開幕する。昨シーズンがスゴかっただけに、今シーズンも期待が高まるエリアだ。開幕直後はトップ3〜4枚という日が続いた。そして6月20日すぎから、上向き傾向。トップ二桁を記録する宿が多くなってきたのだ。


オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

TEAM OKAMOTOの梅雨時恒例行事のひとつが勝浦港「初栄丸」を仕立て、午前・午後ブッ通しで勝浦沖「ディープゾーン」に挑む「12時間耐久フィッシング」。


最新の投稿


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

茨城・那珂湊沖のスルメイカ”最速”束釣りを目指せ!(かもめ丸)

常磐の夜スルメイカがようやく開幕した。年によっては、8月はもうスルメが終了してムラサキイカに移行するが、ここ最近はかなりシーズンが後にずれ込んでいる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読