沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

海穏やかでじっくり楽しめる乙浜沖のオニカサゴ【南房・乙浜沖】

海穏やかでじっくり楽しめる乙浜沖のオニカサゴ【南房・乙浜沖】

オニカサゴを狙って釣行を予定していた3月26日も、前日まで吹いていた西風の影響で出船が危ぶまれていた。予報では風が収まり、凪ぎていくとのことで船宿に向かった。


冬場のイメージが強いが、周年狙うことのできるターゲットだ。春から夏にかけてが一番美味しいという食味に関する噂もある

丸々太った良型オニカサゴ。これがウマイのだ!

ヒット! アタリをもらうにはタナ取りが重要。

当日はキロ前後がそろった!

アタリの出やすさから、オモリは120号を使用。

ユメカサゴの一荷。

当日、配られたエサは冷凍イワシ。

これも良型オニカサゴ。魚が少なくなったというが、それでも魚影が濃い乙浜沖。

中深場のターゲットとして人気の高いオニカサゴ。冬場のイメージが強い釣り物だが、周年狙うことのできるターゲット。春から夏にかけてが一番美味しいという食味に関する噂もある。
オニカサゴ釣りでキモとなるのがタナ取りとアタリを取ること。
タナの基本は底トントンだが、潮の流れや海底の起伏によって状況はどんどん変わっていく。こまめにタナを取りなおすのが良い。昔は魚が多く、よそ見をしていてもそこそこ釣れていたが、少なくなってきた今は、最初に来る小さなアタリを取れるかで釣果に差が出る。
アタリが来たら糸を送って食い込みを待つが、ここでの注意点は送り過ぎないこと。テンションを緩めてしまうと、次にくるアタリが不鮮明になってしまうからだ。張らず緩めずの状態を作って、次にくるアタリに備えよう。微妙なアタリを取って掛ければ、「釣れた」ではなくて「釣った」になり、釣趣も倍増するだろう!

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


オニカサゴ 南房 乙浜沖

関連する投稿


フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

使用するFサビキ仕掛けは、外房用の一般的なものでOKだと陽平船長。推奨しているのは、先糸および幹糸が6号(フロロカーボン・以下同)でエダスが4号の8本バリ。枝長13㎝で幹間80㎝の全長7.2m。ハリは丸セイゴ13号にピンクとホワイトのフラッシャーが交互に巻かれているものとなる。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


大ダイ炸裂!今期はマダイ当たり年! 西川名沖コマセマダイ(竜一丸)

大ダイ炸裂!今期はマダイ当たり年! 西川名沖コマセマダイ(竜一丸)

南房・西川名港を基地とする「竜一丸」は、季節ごとに看板釣り物をかえている。現在はコマセマダイだ。ざっと、年間の釣り物をあげると、7月〜12月までマダイ。1月〜2月はヒラメ&ハタ、3月〜7月がイサキだ。


これからは潮が動くのでさらに上向く見込み! オニカサゴ(真澄丸)

これからは潮が動くのでさらに上向く見込み! オニカサゴ(真澄丸)

「オニカサゴって、高級魚中の高級魚だよね。簡単には釣れないから高級魚なんで、だからこそ釣れた一匹に価値があるんだよね」そう語るのは、内房・船形港「真澄丸」の舵を握る髙橋忠船長だ。「真澄丸」は、周年オニカサゴを狙って出船している。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読