沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

目指せ60㎝オーバー! 東京湾のマゴチシーズンイン!【東京湾】

目指せ60㎝オーバー! 東京湾のマゴチシーズンイン!【東京湾】

マゴチというと「夏の釣り」というイメージがあるが、現在はほぼ周年楽しめる釣り物へと変貌を遂げている。


アタリをどれだけモノにできるか。そこがこの釣りの面白さだ

船長の奥さん、真由美さんは当日最大の58㎝をキャッチ。

まるで大型のヒラメのような重厚な引き味を見せてあがってきた。

シーズン初期は第二海堡周りから大貫沖にかけてがポイント。

ダイワフィールドテスター・北本茂照さんは開始早々に本命ゲット。

出船前に船長からエサ付けのレクチャーが。「ツノは折らずに付けるといいよ」

でっぷりとした魚体が目立った。

この日の良型は58㎝、57㎝。この時期は大型のチャンスが高い。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜恵比寿橋「だてまき丸」。

「季節ごとに魚がいる場所がわかってきました。それを追いかけているので、昨シーズンは暮れ近くまでやりましたよ」と、マゴチ釣りに並々ならぬ情熱をかたむける横浜新子安「だてまき丸」の宮地至人船長は言う。長い期間でマゴチをねらうと、「魚がいなくなっちゃうんじゃないか?」という声もあろうが、「魚は年々増えている」と言うから心配無用だ。
今シーズンは3月第1週にスタートし、順調に良型があがっている。
「シーズン初期は全体的に型がいいよね。あと、あまり知られていないけど、この時期のマゴチは本当にうまいんだよ」と船長。
ポイントは第二海堡周辺。サイマキエサを使った釣りで、言わば東京湾マゴチの第1ラウンド。第1ラウンドのウリは「サイズの良さと味」だろう。アタリからアワセまでの〝勝負〟が早いサイマキエサならではの駆け引きが楽しめる。
「アタリをどれだけモノにできるかがカギです。そうそう簡単にはいきませんが、そこがこの釣りの面白さです」
現在の釣りは初夏の産卵期まで続き、その後はハゼエサの「第2ラウンド」が始まる。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マゴチ 東京湾 だてまき丸

関連する投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

「今シーズンのアオリイカは型がいいよ」。出船前の黒川勇治船長の言葉通り、釣り上げられるイカは良型ぞろいだ。平均サイズは800g、11月ではあるがキロオーバーも珍しくない。軟調長竿が満月に絞り込まれるシーンが続出した。


タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

「今年はマダイの調子がいいですよ。10月からマダイと青物のリレー乗合を始めていますが、マダイを青物が釣れないときの保険に考えているくらいですからね」とは船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長の言葉。


好釣果が続く走水沖のアジがオススメ! 数・型も好調(政信丸)

好釣果が続く走水沖のアジがオススメ! 数・型も好調(政信丸)

走水のアジが好調だ!! 走水港「政信丸」では、トップの釣果が30〜40匹と好釣果が続いている。この釣果は数としても好調だが、型もいい。アベレージサイズで33㎝。40㎝クラスが釣れることも珍しくない。この良型アジが30匹も釣れれば、十分なお土産になる。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読