MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
目指せ60㎝オーバー! 東京湾のマゴチシーズンイン!【東京湾】

目指せ60㎝オーバー! 東京湾のマゴチシーズンイン!【東京湾】

マゴチというと「夏の釣り」というイメージがあるが、現在はほぼ周年楽しめる釣り物へと変貌を遂げている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

アタリをどれだけモノにできるか。そこがこの釣りの面白さだ

船長の奥さん、真由美さんは当日最大の58㎝をキャッチ。

まるで大型のヒラメのような重厚な引き味を見せてあがってきた。

シーズン初期は第二海堡周りから大貫沖にかけてがポイント。

ダイワフィールドテスター・北本茂照さんは開始早々に本命ゲット。

出船前に船長からエサ付けのレクチャーが。「ツノは折らずに付けるといいよ」

でっぷりとした魚体が目立った。

この日の良型は58㎝、57㎝。この時期は大型のチャンスが高い。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜恵比寿橋「だてまき丸」。

「季節ごとに魚がいる場所がわかってきました。それを追いかけているので、昨シーズンは暮れ近くまでやりましたよ」と、マゴチ釣りに並々ならぬ情熱をかたむける横浜新子安「だてまき丸」の宮地至人船長は言う。長い期間でマゴチをねらうと、「魚がいなくなっちゃうんじゃないか?」という声もあろうが、「魚は年々増えている」と言うから心配無用だ。
今シーズンは3月第1週にスタートし、順調に良型があがっている。
「シーズン初期は全体的に型がいいよね。あと、あまり知られていないけど、この時期のマゴチは本当にうまいんだよ」と船長。
ポイントは第二海堡周辺。サイマキエサを使った釣りで、言わば東京湾マゴチの第1ラウンド。第1ラウンドのウリは「サイズの良さと味」だろう。アタリからアワセまでの〝勝負〟が早いサイマキエサならではの駆け引きが楽しめる。
「アタリをどれだけモノにできるかがカギです。そうそう簡単にはいきませんが、そこがこの釣りの面白さです」
現在の釣りは初夏の産卵期まで続き、その後はハゼエサの「第2ラウンド」が始まる。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル