MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
目指せ60㎝オーバー! 東京湾のマゴチシーズンイン!【東京湾】

目指せ60㎝オーバー! 東京湾のマゴチシーズンイン!【東京湾】

マゴチというと「夏の釣り」というイメージがあるが、現在はほぼ周年楽しめる釣り物へと変貌を遂げている。

perm_media 《画像ギャラリー》目指せ60㎝オーバー! 東京湾のマゴチシーズンイン!【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

アタリをどれだけモノにできるか。そこがこの釣りの面白さだ

船長の奥さん、真由美さんは当日最大の58㎝をキャッチ。

まるで大型のヒラメのような重厚な引き味を見せてあがってきた。

シーズン初期は第二海堡周りから大貫沖にかけてがポイント。

ダイワフィールドテスター・北本茂照さんは開始早々に本命ゲット。

出船前に船長からエサ付けのレクチャーが。「ツノは折らずに付けるといいよ」

でっぷりとした魚体が目立った。

この日の良型は58㎝、57㎝。この時期は大型のチャンスが高い。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜恵比寿橋「だてまき丸」。

「季節ごとに魚がいる場所がわかってきました。それを追いかけているので、昨シーズンは暮れ近くまでやりましたよ」と、マゴチ釣りに並々ならぬ情熱をかたむける横浜新子安「だてまき丸」の宮地至人船長は言う。長い期間でマゴチをねらうと、「魚がいなくなっちゃうんじゃないか?」という声もあろうが、「魚は年々増えている」と言うから心配無用だ。
今シーズンは3月第1週にスタートし、順調に良型があがっている。
「シーズン初期は全体的に型がいいよね。あと、あまり知られていないけど、この時期のマゴチは本当にうまいんだよ」と船長。
ポイントは第二海堡周辺。サイマキエサを使った釣りで、言わば東京湾マゴチの第1ラウンド。第1ラウンドのウリは「サイズの良さと味」だろう。アタリからアワセまでの〝勝負〟が早いサイマキエサならではの駆け引きが楽しめる。
「アタリをどれだけモノにできるかがカギです。そうそう簡単にはいきませんが、そこがこの釣りの面白さです」
現在の釣りは初夏の産卵期まで続き、その後はハゼエサの「第2ラウンド」が始まる。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル