アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

ゴールデンウィークの犬吠埼沖水深250mの大型アカムツ大フィーバーは記憶に新しいが、さらに、今季は最新アカムツ釣法が生まれた波崎沖カンネコ根がすでに開幕し好調だ。年末まで楽しめるはず。そこで、必ず釣りたいあなたのために、Q&Aで疑問に答え、ズバッと釣り方を教えます!


今期は群れ濃くアカムツ高確率キャッチ! 一荷ヒットもあり! 11月まで楽しもう!

一荷ヒット!

2017年アングラーズアイドルの波木井桃子さんも初挑戦でこのとおり。

この持ち方がアカムツ勝利の勲章。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「浜茄子丸」。

今年も波崎沖カンネコ根のアカムツシーズンが開幕した。

なんといってもここの魅力は、100m〜150mという水深でコンスタントに深海のルビー・アカムツが釣れること。しかも、軽いタックルで操作可能でテクニカルなことからゲーム性も高く、年々人気は増すばかりだ。

とはいうものの、基本的なことをしっかりといさえないと、なかなか手ごわいターゲットであるのも事実。激うまを味わうためには、タックルから誘い、やり取りまで総合的に学ぶことが大事だ。

「カンネコ根は犬吠埼沖の深場のアカムツフィーバーが落ち着いてからすぐに始めたのですが、初日から50㎝級が顔を釣れました。サイズが少し小さめですが広範囲にアカムツがいるので、今シーズンはまずまずだと思いますよ」とは、昨年から絶好調の釣果をたたきだしている波崎「浜茄子丸」の堀田正巳船長。

カンネコ根は乗っ込みポイント。つまり、一年じゅうこの根周辺にアカムツがいるわけではない。だからシーズンは7月〜11月ごろまで。

仕掛けは胴付き2本バリ。使用オモリが昨シーズンから150号から120号へとかわったので、使えるロッドの幅が大きくなった。誘いを駆使するこのフィールドでは、タックル全体が軽くなることは大変ありがたいこと。
すでにトップ10匹超えはザラという好状況のカンネコ根だが、日ムラもあるのでおいしい1匹を確実に釣りたいなら、基礎をきちんと学んでから、釣りに行くべし!

以下を、しっかり読んで欲しい。

関連する投稿


ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

こんな陸近くでアカムツが釣れるの? 目の前の船は何? コマセマダイ船団かあ」、こんな会話が世界遺産になっている三保の松原をすぐ目前にする海上で交わされる。駿河湾は急深のところが多く、水深200mまで一気に掛け下がっているところも珍しくない。陸近くであっても、そこはアカムツのポイントとなるという。


冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

日本海は大荒れの季節だ。だが、富山湾内はちょっと様子が違う。季節風である西風を能登半島がさえぎり、なんと寒さはともかくとして、高出船率で冬絶品ターゲットが狙える。まさに、北陸の救世主的な釣り場なのだ。


狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!


使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

波崎沖のシーズンは11月いっぱい。来年、6月までお休みだ。波崎沖で誕生した熱烈なアカムツフリークたちは、その矛先をほぼ周年狙えるこの南房へ向けたのだ。


稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

言わずと知れた高級魚アカムツ。今回の取材の釣果により本格シーズン突入を実感。年末年始に向け、更なる期待が膨らむ。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018