アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

ゴールデンウィークの犬吠埼沖水深250mの大型アカムツ大フィーバーは記憶に新しいが、さらに、今季は最新アカムツ釣法が生まれた波崎沖カンネコ根がすでに開幕し好調だ。年末まで楽しめるはず。そこで、必ず釣りたいあなたのために、Q&Aで疑問に答え、ズバッと釣り方を教えます!


今期は群れ濃くアカムツ高確率キャッチ! 一荷ヒットもあり! 11月まで楽しもう!

一荷ヒット!

2017年アングラーズアイドルの波木井桃子さんも初挑戦でこのとおり。

この持ち方がアカムツ勝利の勲章。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「浜茄子丸」。

今年も波崎沖カンネコ根のアカムツシーズンが開幕した。
なんといってもここの魅力は、100m〜150mという水深でコンスタントに深海のルビー・アカムツが釣れること。しかも、軽いタックルで操作可能でテクニカルなことからゲーム性も高く、年々人気は増すばかりだ。
とはいうものの、基本的なことをしっかりといさえないと、なかなか手ごわいターゲットであるのも事実。激うまを味わうためには、タックルから誘い、やり取りまで総合的に学ぶことが大事だ。
「カンネコ根は犬吠埼沖の深場のアカムツフィーバーが落ち着いてからすぐに始めたのですが、初日から50㎝級が顔を釣れました。サイズが少し小さめですが広範囲にアカムツがいるので、今シーズンはまずまずだと思いますよ」とは、昨年から絶好調の釣果をたたきだしている波崎「浜茄子丸」の堀田正巳船長。
カンネコ根は乗っ込みポイント。つまり、一年じゅうこの根周辺にアカムツがいるわけではない。だからシーズンは7月〜11月ごろまで。
仕掛けは胴付き2本バリ。使用オモリが昨シーズンから150号から120号へとかわったので、使えるロッドの幅が大きくなった。誘いを駆使するこのフィールドでは、タックル全体が軽くなることは大変ありがたいこと。
すでにトップ10匹超えはザラという好状況のカンネコ根だが、日ムラもあるのでおいしい1匹を確実に釣りたいなら、基礎をきちんと学んでから、釣りに行くべし!
以下を、しっかり読んで欲しい。

波崎沖カンネコ根アカムツQ&A① 最新の基本タックルとは?

片手で操作できる最新のLTゲームロッドと小型リールの組み合わせでアカムツ釣りができる。

7月〜11月ごろまで楽しめる波崎沖カンネコ根周辺は、水深は100〜160m。黒潮の影響も少なく、めったに速潮になることはない。
そんな環境のため、波崎を基地とする遊漁船では、よりライトに手軽に釣りができるようにするため、咋シーズンから使用する電動リールの道糸を3号に設定し、従来の150号オモリを120号に変更した。
これによりさまざまな竿やリールが使用可能になり、誘い動作もいっそう楽に行えるようになった。
仕掛けはハリス5〜6号40〜50㎝2本の胴付き。ハリ数はこれ以上増やすのはタブー。あまりいい結果は望めない。(2本までと指定する船宿もある)
竿は置き竿にすることが少ない釣り物なので、2m前後の長さのもので7対3調子のものが基本。120号のオモリを背負えるものならなんでもよい。

関連する投稿


大アカムツ確実釣果宣言・能代沖編【秋田県・能代沖】

大アカムツ確実釣果宣言・能代沖編【秋田県・能代沖】

秋田の沖釣りでは、アカムツは根魚釣りでのマレな嬉しいゲストであった。それを近年のアカムツ人気の高まりで、釣り方、仕掛け、ポイント探索を進めて、専門に狙うようになったのである。能代沖のアカムツは、6月頃に始まり11月あたりまでがベストシーズン。新たなポイントが開拓されて、さらなる好釣果が期待できるだろう。


大アカムツ確実釣果宣言・那珂湊沖編【那珂湊沖】

大アカムツ確実釣果宣言・那珂湊沖編【那珂湊沖】

沖釣りターゲットの中で最上級と言っても過言ではない食味を誇る高級魚アカムツ。かつては“幻の魚”などと呼ばれ、なかなか釣れない魚の代表格のように思われ続けていたが、近年ではポイント開拓や釣り方の研究も進み、“狙えばけっこう釣れる魚”となりつつある。これは狙わない手はない。今日は最上級の味を堪能しよう。


大アカムツ確実釣果宣言・東伊豆根編【東伊豆】

大アカムツ確実釣果宣言・東伊豆根編【東伊豆】

東伊豆伊東港「たか丸」は、ほぼ周年、中深場の根魚釣りで伊東沖周辺に出船している。そのメインターゲットはアカムツ、しかも〝大アカムツ〟だ。とにかくおいしい超高級魚だけに、30㎝級でも釣れれば大喜びだが、「たか丸」では40〜50㎝クラスがアベレージ、50㎝オーバーが上がることも珍しくない。大きな期待を胸に、いざ釣行だ。


大アカムツ確実釣果宣言・波崎沖カンネコ根編【波崎沖カンネコ根】

大アカムツ確実釣果宣言・波崎沖カンネコ根編【波崎沖カンネコ根】

今年、茨城海域でいち早く始まった波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。7月に開幕し、8月は小康状態。9月になって乗っ込みの群れがようやくカンネコ根に入ってきて、安定した釣果をたたき出すようになった。


大型狙いならココだ! 東伊豆富戸沖のアカムツ【東伊豆富戸沖】

大型狙いならココだ! 東伊豆富戸沖のアカムツ【東伊豆富戸沖】

この時期、「ひろし丸」での紅い魚は、究極の深海釣り「ベニアコウ」、または大島沖の「キンメ&アコウ」、富戸沖の「オニカサゴ」、そして深海のルビー「アカムツ」と盛り沢山だ。で、今回は…狙うは「アカムツ」の首ひとつっ!!(大仁田厚調)。


最新の投稿


トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。


「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

五月病はあるが十月病はないと思っていたら、近所の釣り名人たちが、その十月病になってしまったようだ。みなそわそわ、外房に行こうか、伊豆に行こうか? 釣りものが多すぎてノイローゼ気味。ハガツオを塩に埋めて半月。塩出しして半月干して作った塩ガツオを削る。これを肴に酒を飲みながら、美味しい魚待ってるよー。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊港「かもめ丸」の岡部喜代治船長は今年のムラサキイカの状況についてこう話した。「昔は、スルメの終盤になるとまじりだして、8月になれば毎年いくらでも釣れたんだけど、最近はよくなかったよね。今年は久しぶりの当たり年です!」。「久しぶりの当たり年」…その当たりっぷりを確かめるために、いざ、那珂湊港へ!


「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

長野に出張していた友人が色とりどりのキノコ、リンゴにブドウをお土産にくれた。収穫の秋まさに来たれり、と感じながら、栗ご飯に、サンマ飯を大食い。とうとう体重が三桁に近づいてしまった。今夜は低カロリーのタマカイの湯引きで一杯だ。これなら体重増えないだろう?


ランキング


>>総合人気ランキング