MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
各地で開花!! 春のマダイシーズン開幕【上越・直江津〜名立沖】

各地で開花!! 春のマダイシーズン開幕【上越・直江津〜名立沖】

周年狙える人気ターゲットマダイ。待望の春のシーズンが開幕した。この時期の魅力は産卵を控えた大型が釣れること。自己記録更新のチャンスアップだ。

perm_media 《画像ギャラリー》各地で開花!! 春のマダイシーズン開幕【上越・直江津〜名立沖】の画像をチェック! navigate_next

その魅力の一つが、大型でもマダイの味がすこぶるよいこと。一年のなかでこの時期に釣れるマダイの味が一番おいしいと評判

同時ヒット! 今期最高釣果を記録。

八王子市の小島弘義さんは、日本海でのマダイ釣りは初。船長の指示である基本仕掛けで見事良型を掛け、ファイト中。

小島氏の新潟初マダイがコレ。きれいな魚体が印象的だ。

雪代で緑に染まる海面を切り裂いた美形マダイ。いったいこの船の下に何匹のマダイがいるのだろうか。

ヒットすれば5㎏オーバーもザラである直江津沖。常連さんは軽々このビッグワンをあげてしまった。

最高の夕日を見ながらマダイ釣り!! 夕マヅメのゴールデンタイムもおすすめ。

千葉県からきた秋吉智裕さん。初おろしのショートロッドでダイレクトな引きを体感した。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第二八坂丸」。

コマセマダイの釣り場として有名な上越沖。日本海の超一級の産卵場であるために、春から初夏にマダイが大挙して回遊してくる。
例年乗っ込みは5月半ばから7月。3月から4月は、乗っ込み前にもかかわらず大型が荒食いすることから、『プレ乗っ込み』と称され、近年、乗っ込み本番より注目されている。
その魅力のひとつが、大型でもマダイの味がすこぶるよいこと。一年のなかでこの時期に釣れるマダイの味が一番おいしいと評判なのだ。
このマダイ釣りを得意とする直江津港「八坂丸」の竹内敏幸船長に状況を聞くと、
「今年は2月からマダイがぼちぼち釣れてます。サイズがいいのですが、数は釣れません。シケが多く出船できる日も少ないのですが、海はこれからますますおだやかになりますし、状況も上向いていくでしょう。シーズンはこれからですよ」とのこと。
メインポイントは直江津沖の人工魚礁周り。例年であれば、高ダナ設定でマダイを浮かせて釣るのだが、今期はちょっと様子が違うという。
定番となっているタナを直撃する重い仕掛けより、ストレートや2段テーパー仕掛けなど軽めのものにヒットが集中しているのだ。この傾向は名立沖でも同じだという。
まだ始まったばかりの上越沖のプレ乗っ込み。雪代が大量に出るといったん小休止してしまうので、早めの釣行がおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル