MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 静かな誘いとコマセワークで大ダイを狙え【東京湾・久里浜沖】

静かな誘いとコマセワークで大ダイを狙え【東京湾・久里浜沖】

久里浜沖のマダイは3月中旬から乗っ込みの気配を見せ始め、後半にはかなりハッキリとした「らしい」釣れ方をしていよいよ本番に突入した模様だ。

perm_media 《画像ギャラリー》 静かな誘いとコマセワークで大ダイを狙え【東京湾・久里浜沖】の画像をチェック! navigate_next

いよいよ乗っ込み本格化! 速潮&止める釣りを理解して、価値ある一枚を食わせよう!

船長から「反応が入ってきたよ」とアナウンスがあった瞬間に食わせた2.9kg。「落とし込みの誘いで食ったよ」

メスの美しいマダイはお腹もパンパンだった。

こちらはキロ級。まだこのサイズが多いが油断できない。

タナは海面から取っている。「道糸で正確に取ってください」(船長)

この日は食いがあまり良くなかったが、3月下旬から大型も食い、数も出るようになった。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久里浜港「平作丸」。

久里浜沖と言えば、東京湾口の剣崎沖と並ぶマダイの好ポイントだが、どちらかというと秋から冬にかけての「落ち」の時期にクローズアップされることが多かった。しかし、ここ数年前から「乗っ込み」の一級ポイントとしても認知されるようになった。
「昔から久里浜沖でも乗っ込みの大型は釣れていたんですよ。でも、この時期は剣崎を狙うことも多かったし、今ほどはっきりとした乗っ込みじゃなかったですね。最近は本当の乗っ込みの釣れ方をしますからね」
こう話すのは、久里浜港「平作丸」の北島秀太郎船長だ。
ここ数年前から、3月後半頃になると「4㎏」「5㎏」の良型が特に目立つようになっている。そして、サイズだけでなくひとたびスイッチが入ると数も出るのが、ここ数年の特徴だ。
「大型を食わせるなら、コマセのまき方、誘いなど、今の時期に合わせた釣り方ができるかが重要です」
「平作丸」では、この時期は海面からタナ取りをする。
「上からタナ取りをすると、船中平等にアタるようになります。だから、誰にでも大型のチャンスがあるんです」
5㎏オーバーはもちろん、10㎏近い超大型まで。今年もドラマが始まる。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
大原沖のテンヤマダイが好調!浅場で数釣りが楽しめる!中小型主体だけど大型も期待!アタリ多く釣りやすいのでビギナーにもオススメだ!!
波崎沖カンネコ根周辺のアカムツが乗っ込み最盛期!40㎝級のでっぷりボディーが爆釣中!激うま魚のベストシーズンを満喫しよう。
最新記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
1本ずつ手作りにこだわり強度に優れたコマセマダイ用仕掛け Amizesu「真鯛テーパー仕掛け(1本針・2本針)」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル