MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾口のシイラゲームに要注目だっ!【東京湾】

東京湾口のシイラゲームに要注目だっ!【東京湾】

夏本番! 夏魚の大本命、シイラもシーズン佳境を迎えている。関東エリアでシイラゲームといえば、相模湾、駿河湾が人気だが、東京湾口エリアも忘れてはいけない好フィールドなのだ。

夏ならではの4時半集合。涼しさのなかで出船

シイラゲームの朝は早い。

ナブラ攻略がシイラゲームのキモ。サイトフィッシングを満喫しよう。

この日は女性アングラーが活躍! 良型を次々と仕留めた。

初挑戦ながら2本のメーターオーバーを仕留めたラッキーガール。「嬉しいです!」とシンプルな感想。

ナイスファイトの末に…やった!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「第三共栄丸」。

富浦港を拠点とする「第三共栄丸」は古くからシイラゲームを展開している船のひとつ。シーズンは7月、8月が中心。その短さが逆に風物詩としての印象を強くしている。
今期もスタート! との報を受け、7月中旬の仕立船に同船取材をお願いした。夏ならではの4時半集合。涼しさのなかでの出船はそれだけで気持ちがよい。

攻め続けるうちにダブルヒット、トリプルヒットも発生! メーターオーバーも連発

前半戦は少し深めのレンジを探れるルアー、後半戦にはフローティングペンシルにも活発なバイトが続いた。

水面を泳ぐ黒潮の申し子。美しい魚体だ。

11〜14㎝程度のペンシルベイト(フローティング&シンキング)、シンキングミノー、30g程度のジャークベイト、11〜14㎝程度のポッパー、15〜18㎝前後の大型ポッパーやペンシルベイトを使っても面白い。装着するフックはバーブレスにしておこう。

当面は良型中心のタックルで臨もう。130㎝のシイラもキャッチされている。

「漂流物はまだ少ないですね。いまのところ潮目やナブラを見つけて、狙っていく感じです」
とは笹子宏宣船長。
序盤戦、船を走らせながら順番に目に着く潮目を攻めていくが、曇天という条件もあってかシイラからの反応は薄い。ときおり追ってくるシイラもややレンジが深く、いまひとつやる気に乏しい。それでもポツリ、ポツリとはヒット! アベレージサイズの70㎝クラスが元気なジャンプを見せてくれたものの、単発での拾い釣りが中心で、盛り上がりには欠ける展開。我慢の時間が続いた。
しかし、沖へ向かうにつれナブラが多くなってきた。騒ぎのメインはサバだが、その周囲には元気なシイラがいた! シイラがいるナブラ、いないナブラと多少の明暗はあったが、攻め続けるうちにダブルヒット、トリプルヒット、も発生! メーターオーバーも連発し、おおいに盛り上がることが出来た。
女性や初心者もまじった仲間同士の仕立出船だったが、ほぼ全員がシイラキャッチに成功! 夏の休日を満喫できたようだ。
「第三共栄丸」では9月初旬までの出船を予定している。残りはひと月とちょっと。夏は短い。お早めの釣行をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読