MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾口のシイラゲームに要注目だっ!【東京湾】

東京湾口のシイラゲームに要注目だっ!【東京湾】

夏本番! 夏魚の大本命、シイラもシーズン佳境を迎えている。関東エリアでシイラゲームといえば、相模湾、駿河湾が人気だが、東京湾口エリアも忘れてはいけない好フィールドなのだ。

夏ならではの4時半集合。涼しさのなかで出船

シイラゲームの朝は早い。

ナブラ攻略がシイラゲームのキモ。サイトフィッシングを満喫しよう。

この日は女性アングラーが活躍! 良型を次々と仕留めた。

初挑戦ながら2本のメーターオーバーを仕留めたラッキーガール。「嬉しいです!」とシンプルな感想。

ナイスファイトの末に…やった!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「第三共栄丸」。

富浦港を拠点とする「第三共栄丸」は古くからシイラゲームを展開している船のひとつ。シーズンは7月、8月が中心。その短さが逆に風物詩としての印象を強くしている。
今期もスタート! との報を受け、7月中旬の仕立船に同船取材をお願いした。夏ならではの4時半集合。涼しさのなかでの出船はそれだけで気持ちがよい。

攻め続けるうちにダブルヒット、トリプルヒットも発生! メーターオーバーも連発

前半戦は少し深めのレンジを探れるルアー、後半戦にはフローティングペンシルにも活発なバイトが続いた。

水面を泳ぐ黒潮の申し子。美しい魚体だ。

11〜14㎝程度のペンシルベイト(フローティング&シンキング)、シンキングミノー、30g程度のジャークベイト、11〜14㎝程度のポッパー、15〜18㎝前後の大型ポッパーやペンシルベイトを使っても面白い。装着するフックはバーブレスにしておこう。

当面は良型中心のタックルで臨もう。130㎝のシイラもキャッチされている。

「漂流物はまだ少ないですね。いまのところ潮目やナブラを見つけて、狙っていく感じです」
とは笹子宏宣船長。
序盤戦、船を走らせながら順番に目に着く潮目を攻めていくが、曇天という条件もあってかシイラからの反応は薄い。ときおり追ってくるシイラもややレンジが深く、いまひとつやる気に乏しい。それでもポツリ、ポツリとはヒット! アベレージサイズの70㎝クラスが元気なジャンプを見せてくれたものの、単発での拾い釣りが中心で、盛り上がりには欠ける展開。我慢の時間が続いた。
しかし、沖へ向かうにつれナブラが多くなってきた。騒ぎのメインはサバだが、その周囲には元気なシイラがいた! シイラがいるナブラ、いないナブラと多少の明暗はあったが、攻め続けるうちにダブルヒット、トリプルヒット、も発生! メーターオーバーも連発し、おおいに盛り上がることが出来た。
女性や初心者もまじった仲間同士の仕立出船だったが、ほぼ全員がシイラキャッチに成功! 夏の休日を満喫できたようだ。
「第三共栄丸」では9月初旬までの出船を予定している。残りはひと月とちょっと。夏は短い。お早めの釣行をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読