MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾口のシイラゲームに要注目だっ!【東京湾】

東京湾口のシイラゲームに要注目だっ!【東京湾】

夏本番! 夏魚の大本命、シイラもシーズン佳境を迎えている。関東エリアでシイラゲームといえば、相模湾、駿河湾が人気だが、東京湾口エリアも忘れてはいけない好フィールドなのだ。

夏ならではの4時半集合。涼しさのなかで出船

シイラゲームの朝は早い。

ナブラ攻略がシイラゲームのキモ。サイトフィッシングを満喫しよう。

この日は女性アングラーが活躍! 良型を次々と仕留めた。

初挑戦ながら2本のメーターオーバーを仕留めたラッキーガール。「嬉しいです!」とシンプルな感想。

ナイスファイトの末に…やった!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「第三共栄丸」。

富浦港を拠点とする「第三共栄丸」は古くからシイラゲームを展開している船のひとつ。シーズンは7月、8月が中心。その短さが逆に風物詩としての印象を強くしている。
今期もスタート! との報を受け、7月中旬の仕立船に同船取材をお願いした。夏ならではの4時半集合。涼しさのなかでの出船はそれだけで気持ちがよい。

攻め続けるうちにダブルヒット、トリプルヒットも発生! メーターオーバーも連発

前半戦は少し深めのレンジを探れるルアー、後半戦にはフローティングペンシルにも活発なバイトが続いた。

水面を泳ぐ黒潮の申し子。美しい魚体だ。

11〜14㎝程度のペンシルベイト(フローティング&シンキング)、シンキングミノー、30g程度のジャークベイト、11〜14㎝程度のポッパー、15〜18㎝前後の大型ポッパーやペンシルベイトを使っても面白い。装着するフックはバーブレスにしておこう。

当面は良型中心のタックルで臨もう。130㎝のシイラもキャッチされている。

「漂流物はまだ少ないですね。いまのところ潮目やナブラを見つけて、狙っていく感じです」
とは笹子宏宣船長。
序盤戦、船を走らせながら順番に目に着く潮目を攻めていくが、曇天という条件もあってかシイラからの反応は薄い。ときおり追ってくるシイラもややレンジが深く、いまひとつやる気に乏しい。それでもポツリ、ポツリとはヒット! アベレージサイズの70㎝クラスが元気なジャンプを見せてくれたものの、単発での拾い釣りが中心で、盛り上がりには欠ける展開。我慢の時間が続いた。
しかし、沖へ向かうにつれナブラが多くなってきた。騒ぎのメインはサバだが、その周囲には元気なシイラがいた! シイラがいるナブラ、いないナブラと多少の明暗はあったが、攻め続けるうちにダブルヒット、トリプルヒット、も発生! メーターオーバーも連発し、おおいに盛り上がることが出来た。
女性や初心者もまじった仲間同士の仕立出船だったが、ほぼ全員がシイラキャッチに成功! 夏の休日を満喫できたようだ。
「第三共栄丸」では9月初旬までの出船を予定している。残りはひと月とちょっと。夏は短い。お早めの釣行をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
常磐沖・大根で青物ジギングが絶好調!ターゲットはヒラマサ、ワラサ・ブリ(イナダ)、サワラ、カンパチ。まさに青物勢揃い!波崎港「征海丸」では昨年12月は10㎏を超す大物が何本も取り込まれた。
千葉・外房エリアでは、キャスティング&ジギングで10㎏クラスのヒラマサが好調にヒット中!今後はサンマの南下でそれを追ったヒラマサやブリ・ワラサが急上昇の予感!ぜひこの機会にキャッチしていただきたい。
最新記事
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読