MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、アカムツ(ノドグロ)という魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、アカムツ(ノドグロ)という魚を知ろう!

アカムツはスズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科に属する暖海性魚類である。スズキ科とする分類もある。別名、ノドグロ(喉黒)。

perm_media 《画像ギャラリー》釣る前に、食べる前に、アカムツ(ノドグロ)という魚を知ろう!の画像をチェック! navigate_next

アカムツ(スズキ目ホタルジャコ科アカムツ属)の生態

北海道から九州南岸、大東諸島まで。海外ではフィリピンやインドネシア、オーストラリアまでと非常に生息域の広い魚である。アカムツというと日本海や関東周辺、駿河湾というイメージなので改めてビックリする。標準和名は東京の築地などでの呼び名。関東で脂の多いことを「むつっこい」ということから「赤い脂の多い魚」という意味。山陰から山形県までの地域では腹腔膜や喉の部分が黒いので「のどくろ」という。島根県では小型を「めっきん」といい成魚の「のどくろ」とは区別している。
新潟県などで作られる郷土料理「喉黒のみそ焼き」は実に美味しくて、人気が高い。本種のことはいろいろ調べているが生食するようになったのは比較的新しい。

アカムツの値段は?

キロあたり1万円を超える魚はめったいに存在しない。東のキチジ、西のアカムツと、二大赤い高級魚と並び称することがよくあるが、どちらもキロあたり1万円以上つくことはざら。200gサイズでも1㎏あたり2000円以下にはならない。

アカムツの釣行レポート

数はもちろん、良型もまじり、アカムツ釣り初心者でも高確率で釣り上げることができる。「カンネコ根のアカムツは9月に入って例年どおりの開幕になりました。ポイントも広範囲なので、10月の本番時期はますます期待できますよ」と話す、波崎「ひろの丸」廣野正船長。

「今年も例年どおりカンネコ根でアカムツがシーズンインしましたね。この数ヵ月は誰にでも本命が釣れますし、数においてはテクニックで差が出ます。大変楽しめる季節です」と話す、波崎「信栄丸」の浮島和雄船長。

「カンネコ根は犬吠埼沖の深場のアカムツフィーバーが落ち着いてからすぐに始めたのですが、初日から50㎝級が顔を釣れました。サイズが少し小さめですが広範囲にアカムツがいるので、今シーズンはまずまずだと思いますよ」と話す、昨年から絶好調の釣果をたたきだしている波崎「浜茄子丸」の堀田正巳船長。

「アカムツ」の寿司…口に入れてトロッととろけ感がある

梅か桃か、桜かはわからないが、あっちを見ても、こっちを見ても花咲き誇る時季だ。そんな春爛漫を感じさせる、ある晴れた日に「駿河湾で釣りました」とアカムツを持ち込んで来たのが、ご近所の釣り師、ナミさん。「すし飯少し残しといて」とたかさんに電話。押っ取り刀で駆けつけてきたのだという。

その駿河湾産アカムツがちょうど、たかさんの手のひらほどのサイズ。とても腹の出た個体で、秤にのせたらほぼ二百グラムある。

「お、このデブだれかにそっくり」

たかさんが鱗を取り、水洗いしているのを見ていたナミさん、

「魚は太っている方が美男子なんです。オニカサゴよりも太りすぎのアカムツの方が偉い。人間の太りすぎはダメだけどね。ふふふ、ふふ」

何を言っているのだか。最近のナミさん、そしてお神酒徳利のナギさんまで変である。二人とも会社員なので、異動でも決まって、情緒不安定なのかも知れない。

小振りではあるが、この小アカムツが実にうまい。釣って間がないのに軟らかいのは、ナミさんの扱いの悪さのせいかも知れないが、実にうま味が豊かである。当然、アカムツならではの脂からくる甘味も強い。

さて、このところ長旅が出来ないので、愛知県に気晴らしの一泊旅に行ってきた。港で競りを見ていて、知り合いの漁師さんにお土産にもらったのが、これまたアカムツ。「たかさんにもどうぞ」と言ってひふーみよー、なんと七尾もいただく。

「こんなにいいんですか」。

「今年はえろう大漁だぎゃ」

愛知県の名物、うまいものをいっぱい食べて、その上お土産まで。まことに愛知はいいところである。

帰宅後に、『市場寿司』に立ち寄って、ほいっ、とアカムツを渡したら、五尾のまばゆいばかりを手にして、「ありがとうごぜえますだ、漁師様」と西の空を向いて拝む、拝む。

「おれ、アカムツは寒い時期の魚だと思ってたけど、春の魚なのかも」

三枚下ろしにする包丁が重いのだという。見せてもらうと脂が包丁を曇らせている。

「ボクも冬の魚だと思っていたよ」

これを刺身にして愛知の銘酒をやっていると、ナミさん、ナギさんのコンビが顔を出す。ということは、本日は土曜日だ。「歩きだから酒分けてよ」というのでコップに注ぐとぐっと一気に飲み干し「う、めー」。

刺身を出すと、ナミさんが

「おれ、アカムツの似合う男になったんだ。それ相応の、というかさ」

ようするに出世したらしい。たかさんが名刺を見て、「なんとかイノベーションなんとかマルマルマルチーフマネージャー」とぶつぶつ。

まあ、そんなことはどうでもいい。とにかく愛知のアカムツがうまい。口に入れてトロッととろけ感がある。ずらり並べてつまみ始めると、やめられなくなるうまさだ。

ただ、恐るべきことにナミさんの釣ってきた小アカの方が、味が上だ。あれはただのアカムツだったのだろうか? サクラマスに突然変異的に体高の高い肥満したタイプがいる。これを「板マス」と言って珍重するのだが、アカムツにも「板アカムツ」的ものがあるのかも。

「むむむ、ナミさんがなんとかイノベーションマルマルマルチーフマネージャーなら、この前釣ってきたアカムツは社長ってことだな。ナミさんも早く社長になりな」

「社長なら川に落ちても助かる」

さて、三月になった途端、島根からどっさりアカムツが届いた。これは味見用に、とのいただきものなのだけど、水産技術センターでは春のアカムツの脂を測っている。これが驚異的な脂質の高さなのだという。やはりアカムツは春の魚なのだな。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2015年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。
最新記事
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル