MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
一年で一番おいしいマダイを釣ろう!【新潟県上越・直江津沖】

一年で一番おいしいマダイを釣ろう!【新潟県上越・直江津沖】

そろそろ桜の開花が気になる時期だが、沖釣りでは春のマダイが気になる。早いところでは3月後半には乗っ込みの気配が出てくるし、乗っ込みを前に好釣果が記録されているエリアもある。さあ、マダイフリークのみなさん、そろそろ本格的に始動しようじゃありませんか!

プレ乗っ込みスタート! 今期は例年どおりの釣れっぷりを期待!!

連日、直江津沖では大型がヒット中。

「八坂丸」は上越最大のフル装備遊漁船。ビギナーも安心して乗船可能。

3㎏ジャストの良型マダイ。食べておいしいサイズだ。

妙高の山々にはまだ雪が残る。これからの上越沖は雪代の影響が出る。

良型マダイ乱舞中! これがプレ乗っ込みだ!! 美味を満喫しよう!!!

良型マダイとファイト中! 引きはかなり強い。表層水温が8度台でも魚は元気だ。

6.7㎏!

美ボディのマダイが揃う上越沖。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第二八坂丸」。

マダイの超一級漁場の上越沖。ここの春を告げるマダイが釣れ始めた。
マダイの乗っ込み、いわゆる産卵期は、上越沖ではゴールデンウイークから7月だが、その前の乗っ込み期のようにマダイが釣れる3月4月をプレ乗っ込みと呼んでいる。昨年、一昨年と地球温暖化の影響か、あまりこのシーズンはぱっとしなかった。だが、今期2月後半に直江津沖の人工魚礁周辺で良型メインに数釣れ、5㎏オーバーの大ダイも多数キャッチされている。復活の兆しがムンムンと漂っているのだ。
「例年、3月4月は大型の直江津沖、数の名立沖のパターンですが、今期はそれがあてあまりそうな予感がしますね」とは、2月末に乗船した直江津港「第二八坂丸」の竹内敏幸船長の弁。3月半ばからプレ乗っ込みが本格化するのは間違いないとも話す。
なにせ3月のマダイは食べておいしい。知る人ぞ知る甘みの強い身はこの時期ならではなのだ。その味を味わえるのは釣り人のみ。ぜひこの機会に釣行してみてはいかがだろう。

3/18の記事に一部誤りがありました。訂正して再アップさせていただきました。

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
アタリが頻繁、数もまとまり、食べれば超美味!東京湾のハゼが、連日、束超えを記録!ビギナーでも20や30匹は軽く釣れる。しっかり釣り方を覚えて、江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!
剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが好調に釣れている。どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトがカギ!今回はそれぞれの仕掛け、釣り方を紹介する。秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!
波勝崎沖のアコウダイがアツい!ヘビー、ライト何れのタックルでも可能だが、今回はハリ数5~6本、オモリ350号に中型電動リールの「ライトアコウダイ」でテンポよくを選択。当日は4.6㎏のビッグワンも浮上!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」2020年2月8日~9日に開催される。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
ゼロテン操作時にエサのナチュラルフォールを演出可能なカワハギ仕掛け「カワハギ幹糸仕掛けFB(フォールビーズ)」
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読