MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ライトで手軽なひとつテンヤ、マダイ入門ならココ!【外房・飯岡沖】

ライトで手軽なひとつテンヤ、マダイ入門ならココ!【外房・飯岡沖】

飯岡沖でひとつテンヤ乗合が本格的に始まったのは2009年ごろ。マダイ釣りでは比較的新しいエリアだが、近年は乗合船も多くなり、大ダイの実績も高い。ひとつテンヤ乗合を出している飯岡港「清勝丸」では、水温の上昇にともない好釣果が多くなっている。

perm_media 《画像ギャラリー》ライトで手軽なひとつテンヤ、マダイ入門ならココ!【外房・飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

トップはマダイ8枚、ハナダイはなんと57枚と専門船顔負けの釣果。さらに大型ホウボウもまじってクーラーはいっぱい

取材当日は潮が澄みすぎたようで、マダイの食いはイマイチだったが、それでもトップ8枚。トップ10枚以上の日も珍しくない。

ハナダイは30㎝級の大型も多く、引き味もかなりのもの。

桜色のハナダイはマダイよりもきれいかも。いいお花見です。

ライトなタックルで気軽に楽しめるひとつテンヤマダイ。ハナダイまじりでとにかくアタリが多い飯岡沖は、マダイ釣り入門におすすめのフィールドだ。

アタリが多い、つまりエサの消耗も激しい。アタリがなければ、こまめにエサをチェックしよう。

エサ取りのウマヅラも、ハリ掛かりすれば「おいしいゲスト」。刺身や煮付けで。

高級魚ホウボウ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「清勝丸」。

春の訪れとともに、飯岡沖ではひとつテンヤ釣りが調子上向き。本命マダイのほかにハナダイ、ホウボウの人気魚種がまじり、朝から沖揚がりまで途切れないアタリが楽しめる。
取材日の「清勝丸」の午後船は釣り客が多く、熱田清船長と熱田純一船長で二隻出し。大型船に分乗しゆったりと釣り場へと向かった。パラシュートアンカーを入れ開始の合図が出るとさっそく船のあちこちでリールが巻かれた。まずはハナダイが登場、30㎝前後のデコッパチまじりで、マダイに負けない引きを見せてくれる。
この日はハナダイが超活発、マダイも上がるが小型が多い。
熱田清船長は「潮が澄んでマダイの潮じゃないねぇ、夕まづめに期待かな」と渋い顔。しかし澄み潮の悪条件にも関わらず、夕暮れになるとハナダイは入れ食い状態、別船ではキロ越えのマダイも顔を出した。トップはマダイ8枚、ハナダイはなんと57枚と専門船顔負けの釣果、さらに大型ホウボウもまじってクーラーはいっぱいになった。
飯岡沖のひとつテンヤ釣りは水温が上がるこれからが本番。マダイに加えハナダイも多く、アタリの多い釣り場なので、ビギナーにもお勧めしたい。春の濁り潮が入ればメモリアルサイズの大ダイも期待十分だ。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル