MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
日立沖のマコガレイ、狙うは50㎝オーバーだ!【常磐・日立沖】

日立沖のマコガレイ、狙うは50㎝オーバーだ!【常磐・日立沖】

開幕したばかりの日立沖のマコガレイ。置き竿メインの東京湾のマコガレイ釣りとちがい、こちらでは小突いて誘う「小突き釣り」で狙う。

perm_media 《画像ギャラリー》日立沖のマコガレイ、狙うは50㎝オーバーだ!【常磐・日立沖】の画像をチェック! navigate_next

しっかり小突いてエサを躍らせ、マコガレイを寄せて食わせるのが好釣果のコツ

花見の季節に釣期を迎えるのが「花見ガレイ」だ。

肉厚のマコガレイは食味も最高。煮付けや唐揚げなど定番料理もいいが、釣りたての刺身も絶品。

マガレイもよくまじる。仕掛けが浮くとマガレイが食う。

しっかり小突いてエサを躍らせてやろう。

ツリガネ型オモリで海底を小突くようにして誘いをかける。

エサはアオイソメ。3匹の房掛けに。

仕掛けが浮かないようにガン玉が付いている。

マガレイは尾ビレの付け根が黄色いので見分けがつく。

桜の季節に釣れるマコガレイを「花見ガレイ」と呼ぶ。魚の釣期を季節にからめて情緒豊かに表現するのも、日本文化のいいところ。この情緒的な呼び名そのままに、桜とともに日立沖のマコガレイ釣りが3月上旬からスタートした。45〜50㎝の大型まじりでトップ16〜25枚前後の好スタート。その後強風の日が続き、底荒れでムラがあったものの、本番はこれからだ。
釣り方は、置き竿主体の東京湾のマコガレイとちがって、小突いて誘って食わせる「小突き釣り」。しっかり小突いてエサを躍らせ、マコガレイを寄せて食わせるのが好釣果のコツだ。
40㎝級も決してめずらしくなく、50㎝オーバーの大型も食いついてくる。しっかり小突いて誘えば、重量感ある引き味と、肉厚マコの最高の食味が楽しめるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
相模湾・葉山沖では、近年ヒラメの魚影が濃くなり、マハタ、オニカサゴ、カサゴ、イナダなど、ゲストも含めてアタリが多く楽しめている!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル