MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
小突いて誘って爆釣必至、ここがマガレイの宝庫だ【上越・能生沖】

小突いて誘って爆釣必至、ここがマガレイの宝庫だ【上越・能生沖】

マガレイ釣りは、仙台湾の大型魚礁が有名だが、ここ上越・能生沖はそれに匹敵するマガレイポイントである。

perm_media 《画像ギャラリー》小突いて誘って爆釣必至、ここがマガレイの宝庫だ【上越・能生沖】の画像をチェック! navigate_next

取材当日は、早揚がりだったにもかかわらずたった1時間半ほどで20枚以上の釣果

「ビギナーにも超おすすめです!!」

穏やかな日本海。カレイのポイントは広範囲。

こんな良型がメイン。うれしい悲鳴が船上に響く。

エイテックのフィールドテスターの互康行さんもカレイの小突き釣りを堪能。仙台湾で覚えた小突き釣法で数を伸ばす。

カレイ釣りにすっかりハマッテいる常連さん。

素晴らしき釣果。

カレイ釣りは、東北エリアで盛んだが、ここ、上越・能生沖でも仙台湾の大型魚礁以上の釣果を得ることができる。それもそのハズ、カレイの魚影が濃いのにもかかわらず、春は漁師も遊漁船もこのカレイをターゲットにしていないからだ。
この時期カレイは深場から浅場に産卵のためにあがってくる。カレイは小突いて釣る。かなりテクニカルで、腕の差が出る釣りと言えるだろう。
取材当日は、早揚がりだったにもかかわらずたった1時間半ほどで20枚以上の釣果。半日釣ったらどれだけ釣れるかお分かりいただけるだろう。しかも、ゴールデンウイークが最盛期だという。そのころは浅場で一束釣りもザラという。
釣るコツは、釣れると信じて「小突いて誘う」こと。宮城で盛んなカレイ釣法が最も有効な釣り方だ。お土産確実で食べておいしいカレイをこの機会にぜひ能生沖で体験してはいかが。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル