MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
小突いて誘って爆釣必至、ここがマガレイの宝庫だ【上越・能生沖】

小突いて誘って爆釣必至、ここがマガレイの宝庫だ【上越・能生沖】

マガレイ釣りは、仙台湾の大型魚礁が有名だが、ここ上越・能生沖はそれに匹敵するマガレイポイントである。

取材当日は、早揚がりだったにもかかわらずたった1時間半ほどで20枚以上の釣果

「ビギナーにも超おすすめです!!」

穏やかな日本海。カレイのポイントは広範囲。

こんな良型がメイン。うれしい悲鳴が船上に響く。

エイテックのフィールドテスターの互康行さんもカレイの小突き釣りを堪能。仙台湾で覚えた小突き釣法で数を伸ばす。

カレイ釣りにすっかりハマッテいる常連さん。

素晴らしき釣果。

カレイ釣りは、東北エリアで盛んだが、ここ、上越・能生沖でも仙台湾の大型魚礁以上の釣果を得ることができる。それもそのハズ、カレイの魚影が濃いのにもかかわらず、春は漁師も遊漁船もこのカレイをターゲットにしていないからだ。
この時期カレイは深場から浅場に産卵のためにあがってくる。カレイは小突いて釣る。かなりテクニカルで、腕の差が出る釣りと言えるだろう。
取材当日は、早揚がりだったにもかかわらずたった1時間半ほどで20枚以上の釣果。半日釣ったらどれだけ釣れるかお分かりいただけるだろう。しかも、ゴールデンウイークが最盛期だという。そのころは浅場で一束釣りもザラという。
釣るコツは、釣れると信じて「小突いて誘う」こと。宮城で盛んなカレイ釣法が最も有効な釣り方だ。お土産確実で食べておいしいカレイをこの機会にぜひ能生沖で体験してはいかが。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読