MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
御宿沖のヤリイカ、今年は群れ濃く多点掛け連発!【外房・御宿沖】

御宿沖のヤリイカ、今年は群れ濃く多点掛け連発!【外房・御宿沖】

今シーズンのヤリイカはガチで当たり年だ。西から東まで、ヤリイカが釣れる場所ならばどこへ行っても絶好調。束釣りが当たり前だったり、それが続いたりともうこれ以上ないというほどの釣れっぷりだ。

25~50㎝前後をトップ40~50杯前後釣る日が多く、日並みがいいとトップ70~80杯釣ることもある

好調の続く外房のヤリイカ。ドクター近藤惣一郎はこの日はコンスタントに多点掛けで釣り続け、大型主体に50杯オーバー! 「外房のヤリイカ、本番ですね!」

ドクター近藤のタックルは「極鋭ヤリイカ AGS 167 TUNE」と「シーボーグ300MJ‐L」の組み合わせ。しっかり誘って多点掛けを連発し、手返しよく数を伸ばしていた。

朝のうちサバのじゃまがあったが、それもしばらくして消え、その後は多点掛け連発。ツノ数パーフェクトも可能な乗りの良さだった。

パラソルサイズの大型も多い。重量感バツグンの釣り味が楽しめる。

良型ぞろいで数釣れている。「広丸」では、トップ70杯以上釣る日も多い。

身厚でおいしそうなイカがたくさん釣れる。お土産いっぱいだ!

ポイントの水深は150~190mほど。オモリは150号を使用する。

良型ズラズラ! 楽しいよ~。

今回、取材にご協力いただいたのは、御宿岩和田港「広丸」。

外房のヤリイカも今シーズンは絶好調だ。ここ数年、釣れても一時的だったり、釣れたり釣れなかったりを繰り返したりと、いまいちハッキリした盛期が見られないことが多い外房ヤリイカだが、今年は群れが濃いようで、安定釣果が続いている。
御宿沖に出船している御宿岩和田港「広丸」では、25~50㎝前後をトップ40~50杯前後釣る日が多く、日並みがいいとトップ70~80杯釣ることもある。
「今シーズンはイカの群れが多いみたいだね。安定して釣れているから、今後も楽しめると思いますよ」と青柳邦廣船長。この日「広丸」でヤリイカ釣りを楽しんだドクター近藤惣一郎さんも、「しっかり誘ってやれば、多点掛けも難しくないですよ。あとは手返し。乗り乗りヤリイカ、楽しいね!」
まだまだシーズンは続く。大型主体の多点掛けを楽しみに外房へ行こう!

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読