MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
沖釣り入門に最適! 手軽に楽しめる東京湾のLTアジ【東京湾】

沖釣り入門に最適! 手軽に楽しめる東京湾のLTアジ【東京湾】

2月27日、金沢八景「荒川屋」から午前のLTアジ船に乗ってきました。電車の人でも間に合う7時半出船。駐車場は少し離れているので、船宿の前で荷物を降ろしてから車を停めにいくのがオススメです。

perm_media 《画像ギャラリー》沖釣り入門に最適! 手軽に楽しめる東京湾のLTアジ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

トップは25匹。初心者の私でも10匹釣れました。また、午後船は40匹釣れたそうです

「置き竿にしていたら一荷でした〜!」と桜井瑠香さん。

「グググン」と小気味よい引きが楽しい。

このアジがとても美味しい。

食いがたっているときは追い食いを狙おう!

取材当日の午前はトップ25匹。

午前の二番手は24匹で、この釣り人は午後も乗船して40匹でトップ。

「荒川屋」の貸しビシと船宿仕掛け。

コマセはイワシミンチ。付けエサはアカタン。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」。

金沢八景「荒川屋」さんからLTアジに行ってきました。
電車釣行でも間に合う7時半出船。春の訪れを感じる強い風の日が多い今日この頃ですが、良い天気で風も弱い釣り日和でした。
「小柴沖のアジが釣れないから横浜沖まで行くよ。そっちのアジの方が脂乗ってて美味しいよ」と池島剛船長。
北風を想定して日向側になる右舷に座ったので、ポカポカで快適な釣りになりました。
船宿で用意してくれる付けエサはアカタンなので、虫エサが苦手な人でも大丈夫です。水深は17m前後と浅いので手巻きリールでも疲れしらず。
取材当日は入れ食いとはいかないまでもポツポツ釣れ、ゲストはイシモチまじり。トップは25匹。初心者の私でも10匹釣れました。また、午後船は40匹釣れたそうです。
「水温が上がってくれば、もっと釣れるはず。春一番でも吹いて海が掻き回されたら状況が変わってくると思うよ」と池島船長。
寒さから解放される時期。魚も人間も活性が上がりますね。
「荒川屋」は設備が綺麗でレンタルも充実。釣り方を分かりやすく書いた解説紙も用意してあり、初心者を歓迎してくれる優しい船宿さん。女将さんも船長も気さくで話しやすいので、わからないことも聞きやすくて安心でした!

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル