MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イサキ好調! 他にも美味な魚種が揃うイサキ五目【南房・江見沖】

イサキ好調! 他にも美味な魚種が揃うイサキ五目【南房・江見沖】

船長の指示で投入すると、一投目から船中で竿がキュンキュン絞り込まれる。手繰る仕掛けの先には、2匹、3匹とイサキが連なった。これが「沖釣り道場」の様相を見せる「新栄丸」の真骨頂だ。

五目狙いはハタ狙いが不調も、アマダイ狙いではホウボウが入れ食い。キダイ、ハナダイもまじり、マハタや本命も!

江見沖のイサキは絶好調!

アタリがあったらすぐに巻き上げず、追い食いを待とう!

食いのいい日には多点掛け連発!

コマセはアミ、ビシはプラビシのFLサイズ。

朝のチャンスタイムにしっかり釣ることが大事!

後半の五目では50㎝のアマダイが取り込まれた。

ハナダイとホウボウの一荷。

マハタも釣れた!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・江見「新栄丸」。

南房・江見沖はイサキが絶好調。開始から2時間で規定数の50匹に届くこともあり、江見港「新栄丸」ではリレーで五目狙いも楽しめる。
イサキの場所は港から10分。水深40m程度で、広範囲に反応が出る。小気味よい引き味がたまらない。
取材日はイサキが一投目から入れ食いで、船長お勧めのカラーバリなら高活性時はエサがなくても食う。エサを付ける時は、食いの良い順にバイオベイト、オキアミと使い分けよう。
五目狙いはハタ狙いが不調も、アマダイ狙いではホウボウが入れ食い。キダイ、ハナダイもまじり、マハタや本命も! 日によってアラ、カンパチ、カサゴなど、さまざまな魚が顔を見せるのも魅力だ。
「江見沖を中心に吉浦沖や和田沖など広範囲を探り、イサキ以外のいい魚も狙っていきます。今後はマダイ用の仕掛けも持ってきてください」と、熱心に釣り方を教えてくれる武ノ内一浩船長はいう。回収時も「入れている人はまだ巻かなくていいです」と、空巻きは抑えるよう工夫。
イサキは塩焼き、刺身が定番だが、船長お勧めは南蛮漬けやムニエル。ハナダイ、キダイは酢締めもいい。
南房のイサキ五目は数釣りと一発大物狙いができ、いずれも美味な魚が揃う。釣行の価値あります!

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読