MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
提灯行列もある!? アコウが好機! 東京湾口の深海釣り【東京湾口】

提灯行列もある!? アコウが好機! 東京湾口の深海釣り【東京湾口】

一般に春を告げる魚というとメバルだが、深場釣り師にとってはアコウダイがそれだろう。500mもの深海からの巻き上げが終わり、紺碧の海面にボコン! と真紅のアコウ花が咲けばまさに春満開。このアコウダイをリーズナブルにそしてお手軽に狙わせてくれるのが金沢八景の「一之瀬丸」で、東京湾奥から深場乗合いを出す唯一無二の貴重な船宿。

perm_media 《画像ギャラリー》提灯行列もある!? アコウが好機! 東京湾口の深海釣り【東京湾口】の画像をチェック! navigate_next

ほぼ毎回出船の度に2~3㎏級の良型が釣れていて、本場も真っ青の4~5㎏級のビッグサイズが釣れ上がることもそう珍しくはない

東京湾口の深海釣りでアコウが好シーズンを迎えている! こんなグッドサイズも珍しくないぞ!!

左右両舷に並んで釣るスタイル。投入は左右交互にひとりずつ行う。

こちらもグッドサイズ。アコウダイは鍋ネタにはもちろん、煮つけでも、焼いても刺身でもおいしい高級魚だ。

ハリ数は5~10本。「一之瀬丸」では、船べりに仕掛けを並べて投入するスタイルが一般的。

筆者も2.5㎏のグッドサイズをゲット。これなら食べ応えも十分だ!

マグネットの貸し出しがあるので、それに仕掛けを並べる。

このレギュラーサイズに加え、4~5㎏級のジャンボサイズがまじる日もある。東京湾からの出船で、こんなアコウが狙えるのは、大きな魅力だ。

エサはサバのタンザクが配られる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」。

深場釣りの花形主役といえば、やはりキンメとアコウ。この二大スターを手軽に狙えるのが、金沢八景「一之瀬丸」の深場釣りだ。予約乗合制で先に予約した者がキンメ・ムツかアコウのどちらかにメインターゲットをリクエストでき(潮況により船宿で決める場合も)、目下はアコウが好調とのこと。
ここ数年相模湾ではイカやビシアジタックルで狙えるLTキンメ五目船も出ているが、「一之瀬丸」のそれはワンランクレベルアップ版。ヘビータックルの本格的な深場釣りへの入門編としても最適だ。
アコウ狙いの場合は道糸8号が800mほど必要だが、コマセキハダ用の電動タックルがそのまま流用出来るので、意外とお手持ちのタックルが流用できるのでは。また、貸し道具も完備しているから、初心者はこれを利用するのもおすすめだ。
そして特筆すべきはその釣果。数こそ南伊豆や外房エリアには及ばないが、ほぼ毎回出船の度に2~3㎏級の良型が釣れていて、本場も真っ青の4~5㎏級のジャンボサイズが釣れ上がることもそう珍しくはない。
例年3月、4月がアコウのベストシーズン。うまくすれば大型アコウの提灯行列もあるかも! 深海に思いを馳せる夢とロマンの釣りに貴方も挑戦してみませんか。

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル