MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・ 富津沖】

ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・ 富津沖】

非常に刺激的で面白い伝統釣法・エビスズキ。未体験の方も多いと思われます。ぜひとも一度体験して欲しい。

perm_media 《画像ギャラリー》ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・ 富津沖】の画像をチェック! navigate_next

一瞬のやり取りが面白いのなんの。アタリから取り込みまで、時間にしたらほんのわずかだけど、スリルとドキドキ感が凝縮している

「ここのスズキは味も最高だよ」。必ず締めて血抜きしてクーラーへ。

初挑戦の佐久間さんもゲット。

高橋一雄さんは朝一番にゲットしてからコンスタントにヒットしてこの日の最大級をゲット。「アタリがあった瞬間がたまりませんね」

エサは今の時期はサイマキを使用する。ツノを半分ほど折り、口からハリ先を入れてツノの脇に出す。エサ付けは重要なので船長にしっかりと聞いておこう。

常連さんは手バネ竿で楽しんだ。「この時期ならまずまずのサイズですね」

手バネ竿は穂先にアタリを感じたらバシっと大アワセ。すぐさま糸を手繰ってやり取りだ。

高橋さんは5本ゲット。

ポイントは富津沖から第二海堡周辺。水深は10〜13mほど。スズキは潮が効いていないと食わないため、潮によって出船時間が異なる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富津港「浜新丸」。

東京湾の伝統釣法であるエビスズキが開幕した。7号という軽いオモリを使い、生きたエビを泳がせてアタリを待つ。スズキのアタリはあの魚体からは想像できないほど小さい。「コン」とか「コツン」と竿先に出る。一呼吸置くとさらに「クイクイ」と入っていく。そこで大アワセを決める。タナは9mであっという間のやり取りだが、これがもう面白いのなんのって。アタリから取り込みまで、時間にしたらほんのわずかだけど、スリルとドキドキ感が凝縮している。
「伝統的な釣り方ですが、最近は手バネの人も減りました。ライトタックルにナイロンリーダーをつければ誰でも楽しめますよ」と、富津港「浜新丸」の浜名博一船長は言う。
これからの時期はアタリも大きくなり、サイズもアップする。特筆すべき点は、このスズキのうまさだろう。脂が乗り甘みたっぷりの味わい。これも大きな魅力だ。ぜひ、自分で試してみて!

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル