MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・ 富津沖】

ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・ 富津沖】

非常に刺激的で面白い伝統釣法・エビスズキ。未体験の方も多いと思われます。ぜひとも一度体験して欲しい。

一瞬のやり取りが面白いのなんの。アタリから取り込みまで、時間にしたらほんのわずかだけど、スリルとドキドキ感が凝縮している

「ここのスズキは味も最高だよ」。必ず締めて血抜きしてクーラーへ。

初挑戦の佐久間さんもゲット。

高橋一雄さんは朝一番にゲットしてからコンスタントにヒットしてこの日の最大級をゲット。「アタリがあった瞬間がたまりませんね」

エサは今の時期はサイマキを使用する。ツノを半分ほど折り、口からハリ先を入れてツノの脇に出す。エサ付けは重要なので船長にしっかりと聞いておこう。

常連さんは手バネ竿で楽しんだ。「この時期ならまずまずのサイズですね」

手バネ竿は穂先にアタリを感じたらバシっと大アワセ。すぐさま糸を手繰ってやり取りだ。

高橋さんは5本ゲット。

ポイントは富津沖から第二海堡周辺。水深は10〜13mほど。スズキは潮が効いていないと食わないため、潮によって出船時間が異なる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富津港「浜新丸」。

東京湾の伝統釣法であるエビスズキが開幕した。7号という軽いオモリを使い、生きたエビを泳がせてアタリを待つ。スズキのアタリはあの魚体からは想像できないほど小さい。「コン」とか「コツン」と竿先に出る。一呼吸置くとさらに「クイクイ」と入っていく。そこで大アワセを決める。タナは9mであっという間のやり取りだが、これがもう面白いのなんのって。アタリから取り込みまで、時間にしたらほんのわずかだけど、スリルとドキドキ感が凝縮している。
「伝統的な釣り方ですが、最近は手バネの人も減りました。ライトタックルにナイロンリーダーをつければ誰でも楽しめますよ」と、富津港「浜新丸」の浜名博一船長は言う。
これからの時期はアタリも大きくなり、サイズもアップする。特筆すべき点は、このスズキのうまさだろう。脂が乗り甘みたっぷりの味わい。これも大きな魅力だ。ぜひ、自分で試してみて!

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
最新記事
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読