MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・ 富津沖】

ドキドキ! スリル満点! 富津沖のエビスズキ【内房・ 富津沖】

非常に刺激的で面白い伝統釣法・エビスズキ。未体験の方も多いと思われます。ぜひとも一度体験して欲しい。

一瞬のやり取りが面白いのなんの。アタリから取り込みまで、時間にしたらほんのわずかだけど、スリルとドキドキ感が凝縮している

「ここのスズキは味も最高だよ」。必ず締めて血抜きしてクーラーへ。

初挑戦の佐久間さんもゲット。

高橋一雄さんは朝一番にゲットしてからコンスタントにヒットしてこの日の最大級をゲット。「アタリがあった瞬間がたまりませんね」

エサは今の時期はサイマキを使用する。ツノを半分ほど折り、口からハリ先を入れてツノの脇に出す。エサ付けは重要なので船長にしっかりと聞いておこう。

常連さんは手バネ竿で楽しんだ。「この時期ならまずまずのサイズですね」

手バネ竿は穂先にアタリを感じたらバシっと大アワセ。すぐさま糸を手繰ってやり取りだ。

高橋さんは5本ゲット。

ポイントは富津沖から第二海堡周辺。水深は10〜13mほど。スズキは潮が効いていないと食わないため、潮によって出船時間が異なる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富津港「浜新丸」。

東京湾の伝統釣法であるエビスズキが開幕した。7号という軽いオモリを使い、生きたエビを泳がせてアタリを待つ。スズキのアタリはあの魚体からは想像できないほど小さい。「コン」とか「コツン」と竿先に出る。一呼吸置くとさらに「クイクイ」と入っていく。そこで大アワセを決める。タナは9mであっという間のやり取りだが、これがもう面白いのなんのって。アタリから取り込みまで、時間にしたらほんのわずかだけど、スリルとドキドキ感が凝縮している。
「伝統的な釣り方ですが、最近は手バネの人も減りました。ライトタックルにナイロンリーダーをつければ誰でも楽しめますよ」と、富津港「浜新丸」の浜名博一船長は言う。
これからの時期はアタリも大きくなり、サイズもアップする。特筆すべき点は、このスズキのうまさだろう。脂が乗り甘みたっぷりの味わい。これも大きな魅力だ。ぜひ、自分で試してみて!

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
完全に乗っ込み!コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。剣崎沖から目が離せない!
最新記事
小物釣りの代表シロギスと、そのゲストでこちらも美味なメゴチを天ぷら用にさばく方法!釣りたてホクホクのシロギス&メゴチ天を作ってみよう!
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読