MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型&美味! 瀬ノ海のアジ、ベストシーズン到来【相模湾・瀬ノ海】

良型&美味! 瀬ノ海のアジ、ベストシーズン到来【相模湾・瀬ノ海】

立春を過ぎると、長かった冬もだんだんと春へと向かう。極寒の北風も弱まり、このところ沖に出ても過ごしやすい日が続いていた。ひと足早い春の味覚を楽しもうと2月23日、大磯港の「とうふや丸」へと向かった。

キラキラ輝くアジが宙を舞う。25㎝の食べ頃サイズ、38㎝の見事な大アジ、クーラーの中はアジだらけになった

春はアジ釣りのベストシーズン。海に春の濁り潮が入ると、アジが活発にエサを追う。相模湾、瀬ノ海では大型まじりで美味しいアジの数釣りができるぞ!

この日は前半に中型主体の数狙い、後半大型狙いという作戦の「とうふや丸」。前半は中アジ中心の2点、3点掛けですぐにお土産になった。

後半の大型狙いでは、30㎝台後半のグッドサイズが食ってきて、引き味もバツグン!

中アジ、大アジまじりでクーラーいっぱい! 相模湾のアジはハズレが少ない安定釣り物だ。

濁り潮が入るとよくまじるのがこのクロムツ。これも美味しい高級魚だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯港「とうふや丸」。

瀬ノ海と呼ばれる二宮沖のポイントは、一年を通してアジが釣れる相模湾の一級ポイントだ。ベテランからビギナーまで人気のアジ、大磯港の「とうふや丸」では、春シーズンを前に好調が続いていた。
水深は98m、タナは底から5m前後と高めだ。ビシが底についたらすぐに4m巻き上げ、コマセを振ってから1m巻いてタナを合わせると、待つ間もなく竿先にアタリが現れた。
アタリがあってからリールをひと巻きして追い食いを狙えば、ダブル、トリプルでアジが掛かる。この日はしょっぱなからの入れ食い状態だ。
「とうふや丸」の関野幸男船長の狙いは、前半は中アジの数狙い、後半は大アジ狙いだった。どちらの場所でもアジの食いはよく、キラキラ輝くアジが宙を舞う。25㎝の食べ頃サイズ、38㎝の見事な大アジ、クーラーの中はアジだらけになった。
瀬ノ海のアジは、相模湾で安定度ナンバーワンの釣り物。トップで50~70匹がコンスタントに釣れている。また、ここのアジは幅広で脂の乗りが良いのも特徴で、毎週のように通い詰めるファンも多い。
濁り潮が入ってくると、春アジの荒食いが始まり、手馴れた人は束釣りも狙える。ぽかぽかの日差しが気持ちよい季節、春アジ釣りへと出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル