MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジョイントキャンディーで楽しむクロダイゲーム【横浜沖】

ジョイントキャンディーで楽しむクロダイゲーム【横浜沖】

独特な釣趣味でファンを惹きつける、クロダイの落とし込み釣り。横浜は新山下、「アイランドクルーズFC」のクロダイ部門「フネクロ」では、エサ釣りのほか「ジョイントキャンディー」を使った釣りを楽しませてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》ジョイントキャンディーで楽しむクロダイゲーム【横浜沖】の画像をチェック! navigate_next

ヒットカラーを掴んだタイミングでは一時、入れ食い状態に!

この日11枚を釣ってトップとなったのは横浜市の白鳥剛志さん。コンディションのよい良型に笑顔だ。

近場のベイブリッジも名ポイントのひとつ。

腕利きの常連、相模原市の北條恵さんは8枚をキャッチ。

40cm以下はほとんどなし。良型ばかりを堪能できる! それがフネクロスタイルだ。

ダブルヒットも数回あり。思いのほか活性があがった一日だった。

これがウワサのジョイントキャンディー。サイズ、形状など、選択の悩みはあるが、まずは船長に聞いてみるのが近道だ。

船しながらサクッと釣ってしまう。さすがの腕前の池田船長。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC フネクロ」。

「同じスズキを狙うにしてもエビで狙ったり、ジグで釣ったりするでしょ? 工夫をすればほとんどの場合でジョイントキャンディーだけで釣れることも分かってきたから、うちではなるべくキャンディー推しで行こうと思っています」
とは、クロダイ狙いでの大黒柱、池田暁彦船長。夏場はイガイなどのエサに釣り負けることもあるが、ほかのシーズンは同等、もしくはそれ以上の釣果のときも多い、というから面白い。
3月上旬、手練れが揃う乗合船に同船させていただいた。干潮から上げに向けての午後船。最初のアタリまで2時間近くを要し、少々不安を感じるスタートだったが、次第にアタリが出始めた、と思ったのも束の間、ヒットカラーを掴んだタイミングでは一時、入れ食い状態に! 船長の読み通りの展開ではあったが、終わってみればトップ11枚。船中25枚という好釣果を記録した。
「3月中旬以降は乗っ込みも本番で、いい時期だと思いますよ。潮位が高いタイミングで来てもらえれば楽しめると思いますよ」とは池田船長。
この釣りならでは醍醐味、面白さ。ぜひ体験していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル