MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジョイントキャンディーで楽しむクロダイゲーム【横浜沖】

ジョイントキャンディーで楽しむクロダイゲーム【横浜沖】

独特な釣趣味でファンを惹きつける、クロダイの落とし込み釣り。横浜は新山下、「アイランドクルーズFC」のクロダイ部門「フネクロ」では、エサ釣りのほか「ジョイントキャンディー」を使った釣りを楽しませてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》ジョイントキャンディーで楽しむクロダイゲーム【横浜沖】の画像をチェック! navigate_next

ヒットカラーを掴んだタイミングでは一時、入れ食い状態に!

この日11枚を釣ってトップとなったのは横浜市の白鳥剛志さん。コンディションのよい良型に笑顔だ。

近場のベイブリッジも名ポイントのひとつ。

腕利きの常連、相模原市の北條恵さんは8枚をキャッチ。

40cm以下はほとんどなし。良型ばかりを堪能できる! それがフネクロスタイルだ。

ダブルヒットも数回あり。思いのほか活性があがった一日だった。

これがウワサのジョイントキャンディー。サイズ、形状など、選択の悩みはあるが、まずは船長に聞いてみるのが近道だ。

船しながらサクッと釣ってしまう。さすがの腕前の池田船長。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC フネクロ」。

「同じスズキを狙うにしてもエビで狙ったり、ジグで釣ったりするでしょ? 工夫をすればほとんどの場合でジョイントキャンディーだけで釣れることも分かってきたから、うちではなるべくキャンディー推しで行こうと思っています」
とは、クロダイ狙いでの大黒柱、池田暁彦船長。夏場はイガイなどのエサに釣り負けることもあるが、ほかのシーズンは同等、もしくはそれ以上の釣果のときも多い、というから面白い。
3月上旬、手練れが揃う乗合船に同船させていただいた。干潮から上げに向けての午後船。最初のアタリまで2時間近くを要し、少々不安を感じるスタートだったが、次第にアタリが出始めた、と思ったのも束の間、ヒットカラーを掴んだタイミングでは一時、入れ食い状態に! 船長の読み通りの展開ではあったが、終わってみればトップ11枚。船中25枚という好釣果を記録した。
「3月中旬以降は乗っ込みも本番で、いい時期だと思いますよ。潮位が高いタイミングで来てもらえれば楽しめると思いますよ」とは池田船長。
この釣りならでは醍醐味、面白さ。ぜひ体験していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
今期コノシロパターンゲーム絶好調!ビッグシーバスはビッグなルアーで攻略する!活況を呈している東京湾のビッグシーバスゲーム。初挑戦を考えるアングラーを対象に基本を紹介していこう。
最新記事
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル