MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テクニカル&超美味! 波崎沖のホウボウジギング【波崎沖】

テクニカル&超美味! 波崎沖のホウボウジギング【波崎沖】

釣って超オモシロく食べて激オイシイ波崎沖のホウボウジギング。絶好調の今がチャンスだ。いますぐ釣行せよ!

手軽、釣りとしての面白さ、食味のよさ、お土産の確実性…三拍子ならぬ四拍子も揃ってしまったスーパー魅力的なターゲット

ホウボウといえば、この美しい胸鰭。まるで蝶のようだ。

釣り方はスロピッチジャークが基本。フォールメインで誘っていく。

波崎沖のホウボウはサイズがよいのが特徴。これでもまだ小さいのだ。

ホウボウの口周りは非常に硬いので、フッキングは強くしっかりと行おう。見た目からすると引きはあまり強くなさそうだけど、ゴツゴツ、ゴツゴツと案外引く!

いまの時期は群れで固まっているので、誰かにヒットしたときはチャンス! 集中して誘いをかけよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

すっかり春の定番釣り物として定着した、波崎沖のホウボウジギング。タックルがライトで老若男女誰でも楽しめる手軽な釣りでありながら、ウデの差がはっきりと出てしまうほどにゲーム性が高く、何よりもホウボウは超が付くほどの高級魚とあって、食べてメチャクチャ美味しい。さらには、状況がよければなんとトップで50匹以上も釣れるなど、釣果もかなり堅いとうのも嬉しい。
つまり、手軽さと釣りとしての面白さ、そして食味のよさ、さらにはお土産の確実性という、三拍子ならぬ四拍子もそろってしまったスーパー魅力的なターゲットなのだ。
「春はシケも多く状況が安定しにくいですが、これから群れがどんどん固まって来ますので、釣果は上向きです。例年4月頃まで楽しめますので、ぜひチャレンジお待ちしています!」とは、普段は北海道の「征海丸」で舵を握る宮原典義船長。現在は北海道が休船中なので、助っ人として来ているのだ。
また、「征海丸」では来る25日にこのホウボウをターゲットとした釣り大会「ハヤブサカップ・SPJジギングホウボウバトル」を開催予定。入賞者には豪華賞品も用意され、前日の24日まで申し込み可能。ぜひ奮ってご参加を!

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読