MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣運に感謝! まれに見る〝アラ荒食い!!〟 爆釣じゃ〜〜〜【勝浦沖】

釣運に感謝! まれに見る〝アラ荒食い!!〟 爆釣じゃ〜〜〜【勝浦沖】

「本物だっ! フォーッ!!」歓喜の雄叫びに渡辺船長も呼応し、「やったぞ!フォーッ!!」。ふたつの笑顔がガッチリと握手を交わす。2.5㎏の食べ頃サイズとは言え、開始早々に「幻」のアラを仕留めたのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》釣運に感謝! まれに見る〝アラ荒食い!!〟 爆釣じゃ〜〜〜【勝浦沖】の画像をチェック! navigate_next

8人で7回流し、4.6㎏を頭に7本。とんでもない爆釣劇

中村さんは初挑戦でこの日2本目、4.5㎏をゲット。これだから釣りはやめられない!

2本で8㎏と最高の一日! もうアラから逃れられない!?

エサはサバとイカを使う。

幻が幻じゃなくなることが、まれにある。

「2投目」を意識していたら、本当にきた筆者の2.6㎏。

大久保さんには当日最大の4.6㎏。このサイズなら言うことありません。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「初栄丸」。

「海況が良くて釣場まで行けること。潮が緩くてポイントに仕掛けが入ること。まずはスタートラインに立てるかどうか。それがアラを釣るための一番の条件ですね」
勝浦港「初栄丸」の渡辺和明船長は言う。
「そこまでいって初めて『釣運』うんぬんの話しになります。アタリがあるかないか。誰が食わせるのか。そういう釣りです」
この日は8人で7回流し、4.6㎏を頭に7本。まれに見る爆釣劇をプロデュースした「若き深海の匠」に驕りは一切ない。最高の釣りを叶えてくれた「今日の海」に素直に感謝する気持ち。それだけがヒシヒシと伝わってくる。
初挑戦で3本キャッチのラッキーマン。通い続け「課題」を成し遂げた漢。万全の態勢で挑みながら、敗れ去ったベテラン…。さまざまなドラマが生まれるのがこのアラ釣りである。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル