MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣運に感謝! まれに見る〝アラ荒食い!!〟 爆釣じゃ〜〜〜【勝浦沖】

釣運に感謝! まれに見る〝アラ荒食い!!〟 爆釣じゃ〜〜〜【勝浦沖】

「本物だっ! フォーッ!!」歓喜の雄叫びに渡辺船長も呼応し、「やったぞ!フォーッ!!」。ふたつの笑顔がガッチリと握手を交わす。2.5㎏の食べ頃サイズとは言え、開始早々に「幻」のアラを仕留めたのだ。

8人で7回流し、4.6㎏を頭に7本。とんでもない爆釣劇

中村さんは初挑戦でこの日2本目、4.5㎏をゲット。これだから釣りはやめられない!

2本で8㎏と最高の一日! もうアラから逃れられない!?

エサはサバとイカを使う。

幻が幻じゃなくなることが、まれにある。

「2投目」を意識していたら、本当にきた筆者の2.6㎏。

大久保さんには当日最大の4.6㎏。このサイズなら言うことありません。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「初栄丸」。

「海況が良くて釣場まで行けること。潮が緩くてポイントに仕掛けが入ること。まずはスタートラインに立てるかどうか。それがアラを釣るための一番の条件ですね」
勝浦港「初栄丸」の渡辺和明船長は言う。
「そこまでいって初めて『釣運』うんぬんの話しになります。アタリがあるかないか。誰が食わせるのか。そういう釣りです」
この日は8人で7回流し、4.6㎏を頭に7本。まれに見る爆釣劇をプロデュースした「若き深海の匠」に驕りは一切ない。最高の釣りを叶えてくれた「今日の海」に素直に感謝する気持ち。それだけがヒシヒシと伝わってくる。
初挑戦で3本キャッチのラッキーマン。通い続け「課題」を成し遂げた漢。万全の態勢で挑みながら、敗れ去ったベテラン…。さまざまなドラマが生まれるのがこのアラ釣りである。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
最新記事
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読