MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
昼はLTコマセアジ、夜はソフトルアーメバル【横浜根岸湾内〜根岸沖】

昼はLTコマセアジ、夜はソフトルアーメバル【横浜根岸湾内〜根岸沖】

東京湾でルアーのターゲットになる魚はすべて狙う! しかし、ルアー専門というわけでもない。エサ釣りだってOK。つまり、面白ければどんな釣りでも楽しんでしまう! そんな気軽なスタンスで人気の船が、横浜磯子の「釣福丸」だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

東京湾内のルアーターゲットはすべて狙える!!

アジングも可能。メバル釣りで良型アジがヒットした。

根岸湾内は大人の遊び場。「釣福丸」ならではのゲーム展開が楽しめる。

メバルゲーム活況! 超おすすめの人気ナイトメニューだぞ!!

ナイトゲームではメバルだけでなく良型のシーバスもヒットする。根岸湾内のエキサイティングゲームを気持ちよいこれからの季節楽しもう。

基本ルアーはジグヘッド&ソフトルアーの組み合わせ。こちらもメバル専用のものが多数販売されている。ジグヘッドの基本ウエイトは1.5g。これにくわえて1g、2g、3gと重さを分けて用意しておくとよい。ソフトルアーは4〜5㎝程度のストレート系のものが定番。白やピンクなどの基本色は必須。あとは好みでセレクトすればよい。

「釣福丸」ではルアーだけでなく、エサ釣りもOK。しかし、基本はLT。おいしい魚を釣ろう。

貴重な1匹にマアジににっこにこ。

小アジの一荷。このサイズがすこぶるおいしいのだ。

こんな良型も釣れる。東京湾のアジは湾の奥で釣れる個体ほどおいしい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」。

「うちは節約派が多いのかな(笑)、けっこうショート便が人気なんだよね」
とは福住武彦船長。ならば、と欲張って夕方はLTコマセアジ、ナイトタイムはソフトルアーメバル、2本立ての乗船取材を行った。
好調だったのは根岸湾内を攻めたソフトルアーメバル。開始して約30分で全員キャッチ成功! という食いっぷり。サイズこそ中型中心だったが、ビギナーでも十分に楽しめる状況だった。今後も水温が上がれば表層付近でのヒットがグンと増し、よりイージーな展開が増えるだろう。また、同じポイントでボトムを狙えばアジやカサゴのキャッチも期待できる。かなり楽しめる状況だ。
LTアジはどうだったのか? こちらは残念ながら絶不調。しかし、取材時は最低水温期だけに、今後は水温上昇とともに釣果もアップ間違いなし、と期待したい。出船時間の間食いっぱなし、ということもあるというから、ぜひ気軽に挑戦してほしい。釣れれば旨い! とうなる幅広アジばかり。食の楽しみも大きいのが魅力だ。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル