MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖のジャンボヤリイカ、爆乗りシーズン中!! 【鹿島沖】

鹿島沖のジャンボヤリイカ、爆乗りシーズン中!! 【鹿島沖】

鹿島港真沖水深50〜70mの砂利底の浅場でヤリイカが爆乗り中だ。このヤリイカは北の深場から産卵のため南下。砂利場を中心に産卵行動をおこなっている。そのため群れが固まりやすいので、爆乗りが可能なのだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

浅場で乗り乗り! ライトタックルOK! ビギナー入門に最適、多点掛けで数を伸ばそう

こんなパラソル級がアベレージ。重量感たっぷりだ。

多点掛けを狙え! 乗ったらすぐに上げるな!! 追い乗り期待しよう!!!

「1杯でもイカがデカイのでれしいです」

水深が浅いので細PEを巻いた小型電動リールとLTロッドの組み合わせでライトゲームも楽しめる。

ダイワの松永さんはのっけからノーマルタックルで5点掛けを達成。早々とLTに替えた。

タルのなかが満タンです。まだ中盤ですが……。

5点6点掛け達成!!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

「ここ2年はとくにヤリイカが多いですよ。イカの反応を見つけて船を流すので、いい群れに当たれば多点掛けも簡単です。とにかく浅場ですから、ビギナーの方にもおすすめです。ぜひ、気軽に遊びにきてください」とは、鹿島港「植田丸」も植田竜也船長。ルアー船やひとつテンヤマダイ、カレイ釣りなど操船力が釣果を大きく左右する釣り物が得意な若船長だけに、ヤリイカ釣りはお手の物。
使用するプラヅノは11㎝だが、大型ばかりのときは14㎝ヅノやダブルカンナヅノもOK。水深が浅いのでPE1号以下のラインとオモリ50号前後のライトタックル釣法もおすすめ。
ますます楽しくなる鹿島のヤリイカ釣りは、今年も6月までロングランだ。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル