MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

各地で人気のアジ釣り、初心者からベテランまで楽しめる釣りだが、なかでも固定ファンが多い釣り場といえばここ走水沖だろう。浦賀水道を流れる速潮から付いたとも言われる「走り水」、走水の大アジは九州関アジに優るとも劣らない美味で知られている。その大アジを狙って走水港へと向かった。

いつでも釣れるアジではないので、一匹を釣り上げたときの喜びは大きい

潮が動き出したら、船上は大アジのラッシュに沸いた!

40㎝級が次々に上がった。

静かにアツイのが走水沖のアジだ。

タモがなくちゃ上げられない!?

イワシミンチ。

赤タン。

それまで緩やかだった潮が徐々に動いてきた。船の上で黙々とコマセを打ち返している釣り人たちの間には、そろそろ来るぞという緊張感が漂っている。
そして、トモの釣り人にアタリが来た。釣り人が自ら差し出したタモに収まったのは、40㎝の大アジだった。これが大アジフィーバーの始まりの合図となり、船中あちらこちらでアジのアタリが到来する。食ってくるのは35〜40㎝の良型ぞろいだ。
走水沖の大アジは気難しい。潮が動かないと食わない、潮が速すぎても釣りにくい。しかし一日の中で潮の干満によって、アジが気にいる時合が訪れる。その時合に当たれば、興奮の入れ食いを見せてくれるのだ。
日によって変わっていくが、ここ数日は上げ潮の効き始めがチャンス。その日の潮や水色を読み、大アジとの限られた遭遇チャンスを逃さないように、船はポイントを選ぶ。釣り人はそのチャンスに集中して手返しよく釣ることが釣果を伸ばすコツだ。
いつでも釣れるアジではないので、一匹を釣り上げたときの喜びは大きい。アジ釣りはここの場所でしかやらないというマニアも多いのが走水沖のアジ。その釣り味と食味は多くの釣り人を魅了している。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読