MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

各地で人気のアジ釣り、初心者からベテランまで楽しめる釣りだが、なかでも固定ファンが多い釣り場といえばここ走水沖だろう。浦賀水道を流れる速潮から付いたとも言われる「走り水」、走水の大アジは九州関アジに優るとも劣らない美味で知られている。その大アジを狙って走水港へと向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】の画像をチェック! navigate_next

いつでも釣れるアジではないので、一匹を釣り上げたときの喜びは大きい

潮が動き出したら、船上は大アジのラッシュに沸いた!

40㎝級が次々に上がった。

静かにアツイのが走水沖のアジだ。

タモがなくちゃ上げられない!?

イワシミンチ。

赤タン。

それまで緩やかだった潮が徐々に動いてきた。船の上で黙々とコマセを打ち返している釣り人たちの間には、そろそろ来るぞという緊張感が漂っている。
そして、トモの釣り人にアタリが来た。釣り人が自ら差し出したタモに収まったのは、40㎝の大アジだった。これが大アジフィーバーの始まりの合図となり、船中あちらこちらでアジのアタリが到来する。食ってくるのは35〜40㎝の良型ぞろいだ。
走水沖の大アジは気難しい。潮が動かないと食わない、潮が速すぎても釣りにくい。しかし一日の中で潮の干満によって、アジが気にいる時合が訪れる。その時合に当たれば、興奮の入れ食いを見せてくれるのだ。
日によって変わっていくが、ここ数日は上げ潮の効き始めがチャンス。その日の潮や水色を読み、大アジとの限られた遭遇チャンスを逃さないように、船はポイントを選ぶ。釣り人はそのチャンスに集中して手返しよく釣ることが釣果を伸ばすコツだ。
いつでも釣れるアジではないので、一匹を釣り上げたときの喜びは大きい。アジ釣りはここの場所でしかやらないというマニアも多いのが走水沖のアジ。その釣り味と食味は多くの釣り人を魅了している。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル