MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

各地で人気のアジ釣り、初心者からベテランまで楽しめる釣りだが、なかでも固定ファンが多い釣り場といえばここ走水沖だろう。浦賀水道を流れる速潮から付いたとも言われる「走り水」、走水の大アジは九州関アジに優るとも劣らない美味で知られている。その大アジを狙って走水港へと向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》チャンスタイムを逃すな! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】の画像をチェック! navigate_next

いつでも釣れるアジではないので、一匹を釣り上げたときの喜びは大きい

潮が動き出したら、船上は大アジのラッシュに沸いた!

40㎝級が次々に上がった。

静かにアツイのが走水沖のアジだ。

タモがなくちゃ上げられない!?

イワシミンチ。

赤タン。

それまで緩やかだった潮が徐々に動いてきた。船の上で黙々とコマセを打ち返している釣り人たちの間には、そろそろ来るぞという緊張感が漂っている。
そして、トモの釣り人にアタリが来た。釣り人が自ら差し出したタモに収まったのは、40㎝の大アジだった。これが大アジフィーバーの始まりの合図となり、船中あちらこちらでアジのアタリが到来する。食ってくるのは35〜40㎝の良型ぞろいだ。
走水沖の大アジは気難しい。潮が動かないと食わない、潮が速すぎても釣りにくい。しかし一日の中で潮の干満によって、アジが気にいる時合が訪れる。その時合に当たれば、興奮の入れ食いを見せてくれるのだ。
日によって変わっていくが、ここ数日は上げ潮の効き始めがチャンス。その日の潮や水色を読み、大アジとの限られた遭遇チャンスを逃さないように、船はポイントを選ぶ。釣り人はそのチャンスに集中して手返しよく釣ることが釣果を伸ばすコツだ。
いつでも釣れるアジではないので、一匹を釣り上げたときの喜びは大きい。アジ釣りはここの場所でしかやらないというマニアも多いのが走水沖のアジ。その釣り味と食味は多くの釣り人を魅了している。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル