MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
陽春の海に一番似合う魚、それは東京湾のシロギスだ!【東京湾】

陽春の海に一番似合う魚、それは東京湾のシロギスだ!【東京湾】

東京湾奥から出船するとポイントへの道すがら、羽田空港の離発着を眺めることができる。童心に帰ると言うか飽きずにずうっと見ていられるのは私だけだろうか? 航行中も波さえ被らなければ、キャビンに入らずともそれほど寒くなくなって来た3月9日、羽田のかめだやからシロギス狙いで出船した。

perm_media 《画像ギャラリー》陽春の海に一番似合う魚、それは東京湾のシロギスだ!【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

パールピンクの春カラーに輝くシロギス、ブルブルと手に伝わる感触に春を感じる釣り人も多いはず

ポカポカしてきたら、シロギス釣りにいきたくなった。そうだ、今度の休みにはキス釣りに行こう!

この元気な引きがたまらない。

これから水温が上がると釣り場も広がり、春夏シーズンに。

良型カサゴも。

胴付き仕掛けもおもしろい。

エサ付けしやすくなるグッズもおすすめ。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「かめだや」。

陽春の海には小物釣りが良く似合う。パールピンクの春カラーに輝くシロギスなんかはその代表格で、ブルブルと手に伝わる感触に春を感じる釣り人も多いはずだ。
羽田空港近くの多摩川大師橋のたもとから出船する「かめだや」では、おもに小柴沖を狙いトップ30〜40匹台の釣果を継続中。「3月は水温が一番低い時期ですからこんなものですが、4月に入れば釣り場も広がってもっと数が出るようになると思いますよ。魚自体は多いみたいですから」とは、かめだやのシロギス船担当佃勇二船長だ。
水温の上昇とともに優良ポイントである中ノ瀬や、千葉側の木更津や富津沖でも食い出し、その頃には早生の山菜なんかも出回るはずで、シロギスと山菜の天ぷらで春の味を満喫なんていうのも楽しそう。道具立ては簡単でレンタル道具も完備されているから、ビギナー連れやファミリーフィッシングにも最適だ。

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
最新記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
キハダや青物に実績のあるリアルオキアミに新色登場「リアルオキアミ(キハダ・青物)」ホワイト
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル