MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
脂ノリノリ絶品イサキが俺を呼ぶ【渥美半島・大山沖】

脂ノリノリ絶品イサキが俺を呼ぶ【渥美半島・大山沖】

大山沖のイサキが絶好期へ突入した。絶品イサキを求め、知多半島・片名港の「まつしん丸」へ、行ったどー! 釣ったどー!  喰ったどー!

今後は五目要素も増しイサキ以外の思わぬ大物と出会えるチャンスも必ずある!

プロポーション抜群のイサキを次々に仕留めるダイワの松永直己プロ。

早く刺身で一杯といきたいもんだ。

漁礁周りを攻めるのでゲストも多彩。ご覧の魚の他に、今後は青物もまじると船長は言う。すでに五目の片鱗あり。

ハナダイも良型だった。

今回、取材にご協力いただいたのは、南知多・片名港「まつしん丸」。

県下最大級! 50人乗りのバーベキュー船を筆頭に、フル装備船3隻で四季の釣りを提供する南知多・片名港の「まつしん丸」で、イサキ釣りが最盛期を迎えようとしている。 
「本来なら4月後半からイサキ釣りが始まりますが、今期は遅れて6月に入ってから釣れ出し、ようやく本格化。体高ある良型が主体になってきました」と尾崎圭太船長は言う。
ちなみに、良い日は平均で50〜60匹の釣果が見込め、クーラー満タンが続出するそうだ。
ポイントは行程1時間強の大山沖。三河湾から伊良湖水道を抜け、渥美半島の先端を回り込んだ位置にある砂地で、漁礁が点在している場所となる。
狙う水深は、40〜20mで、アミコマセを使ったシャクリ釣りで攻める。船長がアナウンスする指示ダナの間で、アタリが多く出るタナを探り、そこを重点的に攻めると数が伸びると言う。
「今後は、青物が回遊して漁礁に着きます。イサキ以外の思わぬ大物とも出会え、五目要素も増しますので、一層楽しくなると思いますよ」と船長。
この日、釣りに来ていた松永直己さんも、良型イサキの鋭い突っ込みを十二分に堪能。4種類の魚を釣って満喫した。なお、当地のイサキは良質な脂を身にまとった激旨イサキとして名が通っていることも伝えておこう。
釣って楽しく、食べて絶品の大山沖のイサキ。釣行するならイマですよ!!

当日の仕掛けはこうだっ!

竿は2m前後で30号負荷。リールは中型両軸か電動。道糸はPE3号が標準。松永プロは、超軽量AGSガイドを搭載したNEW「リーディング73MH」とドラグ力が優れたNEW「ミリオネア200」のコンビで挑んだ。

当地は、片テンビンにビシのサブマリン+60号オモリを使用。仕掛けの長さは2.5mまで。ハリ数は3〜4本で、空バリ付きのスキンやウイリー巻きを使うのが一般的だ。なお付けエサは船で配布される。

船長がアナウンスする指示ダナより仕掛けの長さをプラスしてビシを落とし、細かく探って食いダナを把握。その後はそこを直撃して数を伸ばそう!

当地のイサキ釣りのロッドは、全長2m前後で、コマセの振りがスムーズに行える胴部を備え、穂持ちから先は柔軟な7対3調子が適している。イサキのシャープな引き味を存分に楽しむには、軽量で操作性の良いライトゲームロッド(MHクラス)がオススメだ。使用するビシは60号。当地ではコマセカゴ(サブマリン)に60号のオモリを使用している。
リールは、中・小型の両軸タイプ、または小型電動リールをセットする。ダイワ製品のカテゴリーで言えば100〜200番クラス。狙う水深も比較的浅めなので、手巻きリールでやり取りを楽しむのも良いだろう。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読