MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房総のオニカサゴは周年狙えるぞ【南房総】

南房総のオニカサゴは周年狙えるぞ【南房総】

房総では周年狙えるオニカサゴ。潮の流れがキーポイントとなり、適度に流れれば季節に関係なく好釣果が期待できるターゲットだ。そのオニカサゴを柱に、フラッシャーサビキやシーズン真っ盛りのヤリイカとのリレー釣りを楽しませてくれるのだ。

フラッシャーサビキやヤリイカとのリレーもおすすめ!!

潮が流れ出すと、このサイズがポツポツとアタりはじめた。

当日のポイントは白浜沖。水深120〜160mぐらいでオニカサゴを狙った。

ダイワフィールドテスターの松永さんは、小型ながら早々に本命を手にした。

オニカサゴ釣りでは、マメにタナを取り直して、誘いをかけることが大事。

ウスメバルの一荷もあった!

慣れた人は着実に数を伸ばした。

朝イチはフラッシャーサビキ。ヤリイカのほか、トゴットメバル、アカイサキなどが釣れた。

エサはサバの切り身。村井船長は写真のようにハリに付ける。

取材当日はフラッシャーサビキとオニカサゴのリレー釣り。前半のフラッシャーサビキは潮が澄んで、かつ流れなかったこともあり、低調な結果となってしまった。しかし、後半のオニカサゴは当エリアでは鉄板ターゲットとも言える存在。潮が流れ出すと、ポツポツとアタりだしたのだった。
オニカサゴは周年狙えるターゲット。これにフラッシャーサビキやヤリイカとのリレーで狙うのがおすすめだ。もう少し暖かくなれば、マダイとのリレーもおもしろいぞ。
外房だけでなく、南房総エリアでもリレー釣りがおもしろいのだ!

以上の記事は「つり丸」2013年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読