MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
御前崎沖のマダイが待望の乗っ込みシーズンに突入【御前崎沖】

御前崎沖のマダイが待望の乗っ込みシーズンに突入【御前崎沖】

今年も待望の御前崎沖のマダイが乗っ込み期に突入した。2月中は、シケのためほとんど出船不可能だったが、3月後半になってようやく海がおだやかに。出船してみると、カド根、オモリともすでにマダイたちは乗っ込みに入っていたのだという。

perm_media 《画像ギャラリー》御前崎沖のマダイが待望の乗っ込みシーズンに突入【御前崎沖】の画像をチェック! navigate_next

オモリ&カド根同時開幕! マダイの魚影は駿河湾一だ

百選錬磨の大ダイの雄姿。楽しませてくれてありがとう。

御前崎沖カド根で約30分の格闘の末、みごと7.3㎏今期最大のマダイをキャッチした愛知県碧南市の田渕秀隆さん。

御前崎沖の乗っ込みポイントでは根掛かりは少ない。ドラグ調整をしっかりとして落ち着いてやり取りしよう。

「この1枚に感動です」

常連の川田さんは4㎏のオスのマダイをキャッチ。

タモ入れはマダイ釣りの一連の動作のクライマックス。ロングハリスをたぐるのもテクニックがいるぞ。

ベテランアングラーは5枚キャッチ。数釣りもできる。

「お腹がパンパンですよ」

大型は潮の抵抗を受けて船下からボコっと浮き上がることが多い。この大ダイもそうだった。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」。

例年であれば、4月半ば以降から本格化する超一級の乗っ込み場“オモリ”が3月後半からスタート。同時にカド根のマダイも乗っ込んでいる。
「とにかく今年はシケが多くて出船できませんでした。ですが、3月になって海が静かな日が多くなり沖へ出ると、気になっていたオモリのマダイはすでに活性が高く、すっかりハイシーズンのパターンになっていました。カド根にも広範囲にマダイの群れがいるようで、良型がそろっています。群れが相当濃いのでしょうね。今期の御前崎沖はかなり期待できますよ」とは、御前崎港の最新鋭船「博栄丸」の大澤洋輔若船長。
例年であれば、オモリでは長さ15m以上のロング仕掛け。近年の傾向はガン玉を使う重い仕掛けが有効であったが、今期はちょっと様子が異なるという。長さ15mのストレートハリスや2段テーパー仕掛けなど比較的オーソドックスな基本仕掛けのほうが実績が高いというのだ。
釣り方は、簡単。基本は置き竿釣法。船長の誘いのアナウンスがあったときがチャンスタイム。ゆっくりゆっくりと竿を動かしてエサのオキアミに動かす。すると、ドンっと竿が一気に海中に引き込まれる。
シーズンは始まったばかりだが、人気のあるフィールドなので早めの予約がおすすめだ。

釣り方に迷ったら超基本仕掛けで釣ることがオススメ

御前崎沖の遊漁船のマダイ釣りは、ポイント周辺を流し釣りする。そのため、3m以上のロングロッドを使って置き竿釣法が有効だった。
しかし、近年はマダイタックルも船の魚探も進化し、マダイの動きを把握したうえでの、誘い効果が注目されている。つまり、船下のマダイを確認してから誘いをかけて釣るのだ。
具体的には、船長のアナウンスや「探見丸」でそのタイミングを知ることができる。「探見丸」に魚影が映ったり船長が「いい反応になったよ」とか「魚が浮いたよ」というアナウンスを聞いたら、誘いをかけるのだ。
落とし込みの誘いでもよいし誘い上げでもよい。ここでも、海中の付けエサを動かしてアピールさせることが目的。
仕掛けの長さは、15m。6〜8号10mに大きめのサルカンまたはウエイトスイベルを介し4号5mのハリスを接続した2段テーパー仕掛けが基本。ハリ数は2本の釣り人が多いが、慣れていない人は1本バリをおすすめする。ロングハリスのため手前マツリを起こしやすいからだ。
潮が濁っているときは、夜光バリや夜光パイプをハリのチモトに付けるのもよい。
ざっと、おさえておきたい基本仕掛けについて話したが、例年ならこの時期、マダイをよく釣る人が今年に限っては釣れない。周りの人には掛かっているのに……。ということがこの御前崎沖でも頻発している。そんな釣り人には、「基本に帰る」をオススメする。
傾向としては、ハリスに重めのスイベルを介す重い仕掛けを使っていることが多く、基本仕掛けであるストレートハリスや2段テーパーでもスイベルを小さく軽いものを使うなど、できるだけ仕掛けを軽くしてやるのだ。そうすることで釣果を戻すことができた例が今期いくつもある。このようにマダイが駿河湾で一番ブレイクしている御前崎沖だが、ぜひ、迷ったら「基本に帰る」を実践してみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
西伊豆で乗っ込み終盤のマダイ&イサキを満喫!!イワシ次第ではヒラメ爆釣の可能性もある初夏の安良里沖。今後大本命の食わせサビキもおすすめ!
東京湾小物釣りの代表選手シロギスが元気いっぱい!これからの時季はビギナーや子供にでも釣れる手軽さが魅力だ。大型まじりの数釣りを楽しもう!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
最新記事
西伊豆で乗っ込み終盤のマダイ&イサキを満喫!!イワシ次第ではヒラメ爆釣の可能性もある初夏の安良里沖。今後大本命の食わせサビキもおすすめ!
東京湾小物釣りの代表選手シロギスが元気いっぱい!これからの時季はビギナーや子供にでも釣れる手軽さが魅力だ。大型まじりの数釣りを楽しもう!
餌木タコゲームをより深く、快適に楽しむための専用ロッド「ラグゼ オクトライズ フネタコ」極調子170/先調子178
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル