MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
伊豆最高峰のマダイ釣り場、乗っ込みシーズンイン【西伊豆・土肥沖】

伊豆最高峰のマダイ釣り場、乗っ込みシーズンイン【西伊豆・土肥沖】

コマセマダイの聖地ともいわれている西伊豆土肥沖。起伏のある根周りに回遊するマダイを釣るため、船釣りにも関わらず、磯釣りのようなコマセワークでマダイを釣るのが特徴だ。大型マダイの実績も高く、ヒットしてからのやり取りの難しさから、同じ大きさの大ダイでもここ西伊豆沖で釣るとさらに釣り人の評価があがるとも言われている。

perm_media 《画像ギャラリー》伊豆最高峰のマダイ釣り場、乗っ込みシーズンイン【西伊豆・土肥沖】の画像をチェック! navigate_next

乗っ込み第一陣の傾向は、1〜3㎏の中型マダイが主体であること。大型がフィーバーするのはこれからだろう

確実に魚を掛ける常連の横浜市の仲谷行孝さん。タイミングを逃さないことが大事だと彼は言う。

浮いたマダイを落とし込みの誘いで迎撃せよ!!

3.1㎏の乗っ込みマダイをキャッチ。

風光明媚な景色を観ながら釣りを楽しもう!!

仲谷さんの釣果はコレ。半日で8枚キャッチ。

落とし込みの誘いを駆使して10枚釣り上げた。

澄んだ潮の海面に美しいマダイが華を咲かせた。

今年はちょっと小さいけれどかなり楽しめる土肥沖のマダイ釣り!!

伊豆半島のマダイフィールドとして最高峰とも言える西伊豆土肥沖。その理由は、ここがコマセマダイ釣りの聖地とも呼ばれ、攻略のレベルの高さからマダイ釣りのエキスパートたちが腕試しに毎年こぞって来る場所であるからだ。
今年は、乗っ込みはまだこれから。田子島沖が盛り上がるポイントだが、土肥から宇久須沖の根周りのマダイも好調だ。乗っ込み第一陣の傾向は、1〜3㎏の中型マダイが主体であること。大型がフィーバーするのはこれからだろう。
釣り方はコマセ釣りの原点そのもの。指示ダナよりハリスの長さ分ビシを下ろし、コマセを指示ダナ近くまで振りだす。上方でまかれたコマセを食べに浮上した活性が高いマダイを釣るというもの。
魚探に映し出された個体を磯釣りのようにコマセでおびき出し釣るので、船長の細かいタナのアナウンスにより、釣果が左右されるのだ。
今期の傾向は「軽めの仕掛け」。だが、春は半日で潮が変わるし海況もガラリと変化する。
重い仕掛け、軽い仕掛け、夜光ビーズなどさまざまなグッズを駆使して釣るのがここ土肥沖のマダイ釣り。
今期大型キャッチがまだ少ないということは、あなたにチャンスがあるということ。このフィールドにチャレンジすればスキルアップは間違いないはずだ。

大事なコマセワーク、スムーズな投入とエサのチェックを!

ここ土肥沖から田子島沖までのマダイの釣り方は、コマセマダイ釣りの原点ともいえる釣りだ。
まず、船長の指示ダナよりハリスの長さ分、ビシを落とし、そこから指示ダナまでコマセを数回に分けて振り出し、コマセの煙幕を作り出す。
そのコマセの煙幕に反応し浮いたマダイを付けエサのオキアミで迎撃する、という釣り方が土肥流だ。
ハリスの長さは15m以内。船長はこのハリスの長さによる付けエサの位置を計算し、指示ダナをだす。
「ゆっくり1m下げて」とか「1mあげて」という細かいアナウンスは、船長がマダイの動きをみながら、釣り人に操作させて、マダイを誘っているのだ。
マダイがコマセによってなにも動かないとき、船長はすぐにでもポイント移動する。それだけ、緻密にマダイを動きに気を配りながら操船している。
釣り人のコマセワークがあっての釣り、なのである。ここでは、釣り人全員協力体制でマダイを釣っているということを理解しておこう。
だから、船長の投入の合図と同時にスムーズに仕掛けを投入しなければならない。
遅れて投入すると、コマセに反応して浮いた魚に警戒心を与えてしまう。
遅れて投入する場合は、なるべく船長に投入してよいか、聞いてから行おう。
コマセの煙幕のなかにマダイを突っ込ませる釣りのため、指示ダナは高めだ。
だから、落とし込みの誘いがとても有効なのだ。
当たり前のことだが、エサが付いていないと、マダイは釣れない。
コマセに突っ込むマダイの最大のライバルはウマヅラハギ。そう、この海域ではウマヅラが大変多い。
だから、付けエサのこまめなチェックは欠かせない作業でもある。長時間仕掛けの入れ過ぎはタブーだ。
しかし、高ダナでエサ取り魚がいないときは別。その判断は船長がアナウンスしてくれるので心配はいらない。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
東京湾のタチウオ!王道テンビン仕掛けで激戦区でも誘って掛ける!LTタックの真骨頂!がまかつフィールドテスター田中義博さんの攻略法!
好シーズンに突入中!東京湾のビシアジ。取材日は中小型の数釣り!のち大型も数釣り!!大アジ3点掛け連発で絶好調!今後も数釣りが期待大だ!!
相模湾の初夏の風物詩「ムギイカ・マルイカ」浅場で手返し良く、数が出るので人気が非常に高い!釣行日は厳しい釣りとなったが、前日はムギイカ中心に87杯を記録している!
最新記事
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
カラーバリエーション豊富なタイラバ用カーリーネクタイユニット「桜幻 マルチカーリーネクタイユニット」
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル