MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込み開始! 大型&良型マダイがヒット中【東京湾・剣崎沖】

乗っ込み開始! 大型&良型マダイがヒット中【東京湾・剣崎沖】

3月中旬すぎ、急な桜の開花と時を同じくして、剣崎沖のマダイも乗っ込みに突入した。乗っ込み期に実績のある「吉野瀬」と呼ばれるポイントで黒ずんだ体色をした大型マダイや良型マダイが釣れ始め、トップ5枚以上の釣果を記録するようになった。

perm_media 《画像ギャラリー》乗っ込み開始! 大型&良型マダイがヒット中【東京湾・剣崎沖】の画像をチェック! navigate_next

例年より早い乗っ込みだ! 10kgオーバーの報告もあるぞ!!

潮が澄んで食いが悪かったが、永井名人は早い時間に本命の型を見た!

永井名人のマダイがネットイン。

当日最大となる5kgジャストのオスの大ダイ!

正午前、右舷ミヨシの常連さんに強烈なアタリ!

春休みを利用して親子で挑戦! 鈴木船長の指導を受けて、このとおり!

「3㎏もないんじゃないかな」と、掛けた本人の予想を裏切り、5㎏級の大ダイが浮いた!

大型のハナダイもまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」。

剣崎沖のマダイの乗っ込みも、今シーズンは桜の急な開花とともに始まった。例年より早いスタートとなったが、今年は開幕直後から大型&良型のヒットが目立っている。3月末には12㎏を取り込んだ船もあるのだ。
この時期、メインポイントとなるのが「吉野瀬」と呼ばれる場所。おおむね水深40m前後を狙う。
乗っ込み期のマダイは浮き気味で、タナが高くなるのが特徴。そのため、取材した剣崎松輪「大松丸」もそうだが、多くの船が海面からタナを取るようになる。春のマダイはとても臆病で、ビシの動きに敏感に反応する。海面からタナを取る指示が出たときは、必ず船長の指示に従うようにしよう。
例年、剣崎沖のマダイの乗っ込みは、ゴールデンウイーク前後にピークを迎え、6月前半ぐらいまで続く。今シーズンもロングランで釣れ続くことを期待したい。

4月からコマセとしてオキアミが使える!

シマノ「フォースマスター1000MK-HD」のラピッドファイアハンドルドラグを駆使して、やり取りする永井名人。

シマノ「フォースマスター1000MK-HD」のハンドルを逆転させて落とし込む永井名人。落とし込みの誘いは、反応が出たときに行うのがベスト!

剣崎沖のマダイ釣りでは、一般的なコマセマダイ用のタックルがあれば楽しめる。
そして、この時期に注意したいのは、ハリスの長さと太さ、それとコマセの種類だ。
剣崎沖のマダイは、乗っ込み期に突入すると浮き、タナが高くなる。それに応じて、この時期は多くの船宿が海面からのタナ取りをする。海面からのタナ取りでは、反応の位置とハリスの長さをもとにタナが決められる。船長が指示する長さのハリスを使用しないと、付けエサがとんでもない位置を漂ってしまうので注意しよう。
ハリスの号数は3〜4号が標準。しかし、今シーズンは大ダイがよくヒットして、イナダ&ワラサもまじっている。慣れない人は、4号ハリスで望むのが無難だ。
そして4月から剣崎沖では、コマセにオキアミが使用(使用量は一人3㎏まで)できる。アミに比べれば、オキアミは1匹が大きい。プラビシを使うときは、アミコマセのときの調整とは変えるようにする。また、オキアミコマセの使用に最適なステン缶を使用するのもいい。
そして、シマノ「探見丸」もあれば、この時期は釣り人の強い味方になる。マダイはビシを怖がり、その動きに敏感に反応する。反応がないのに頻繁に誘っていては、周囲にいるマダイが船下に入ってこない。マダイが船下に入って、反応が出たときに誘うほうがヒットしやすくなる。つまり「探見丸」があれば、誘いをかけるベストのタイミングがわかるのだ。

タナ取りは海面から。誘いはタイミングが大事! やり取りはドラグをフル活用!

この時期は海面からタナを取る。当日のタナは海面下30m前後だった。

この時期の剣崎沖を狙うマダイ船の多くが海面からタナを取る。今回取材した剣崎松輪「大松丸」も海面からタナを取った。
海面からのタナ取りでは、ビシを海底まで落とさないので、マダイを驚かせにくい。また、エサ取りを浮かすことなく、マダイだけを浮かせやすい。乗っ込み期のマダイを狙うには、とても有効なタナ取り法なのだ。
そのため、正確にタナを取るために道糸のマークを見て、指示ダナにビシを合わせよう。リールのカウンターの水深表示は目安程度にしよう。
また、誘いも前述しているようにタイミングが大事。乗っ込み期のマダイは、とくに臆病でビシを怖がる。そのため反応が出る前に誘うよりは、反応が出てから誘うほうがヒットしやすいのだ。船長から「反応が出ていますよ」というアナウンスがあったときや、「探見丸」に反応が映ったときに誘うようにしよう。
誘いは、ゆっくりと1mぐらい落とし込むか、ゆっくりと誘い上げる。そして、落とし込んだあと、誘い上げたあとにビシの位置を元に戻す際も、誘いを意識してゆっくり行うようにしよう。
また誘い方がわからない人は、無理に誘うよりも、置き竿のままでアタリを待つのが無難だ。
アタリを待つときのドラグは、置き竿で糸が出ないぐらいに調整しておく。
アタリがあったら、前記のドラグ調整のままリールを巻く。魚が激しく抵抗したときは巻くのを止めて待つ。このとき、大型であれば10mや20mも糸が出ることもある。そして、魚が引いていないときはリールを巻く。これを繰り返して、海面まで巻き上げてくる。
ドラグの調整が緩く、魚が抵抗していないときにラインを巻き取れないときは、途中でドラグを締めないと巻き取れない。その際は、一気に締めないように注意しよう。
また、ビギナーは手で巻くのではなく、電動巻き上げもおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
最新記事
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル