MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
40㎝超も!! デカカサゴ釣るなら、今しかないぞ【相模湾・茅ヶ崎沖】

40㎝超も!! デカカサゴ釣るなら、今しかないぞ【相模湾・茅ヶ崎沖】

3月中旬すぎからカサゴ乗合を開始した茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」。シーズン初期の当宿のカサゴ釣りでは、大型が狙えるのが魅力のひとつだ。30㎝を超えれば、十分に大型といえるカサゴ。しかし、「沖右ヱ門丸」が狙う茅ヶ崎沖では、30㎝どころか40㎝超えるサイズの可能性もあるのだ。今シーズンは、43㎝と41㎝が取り込まれているのだ。

強烈な濁り潮、かつ潮が流れないという悪条件。それでも36㎝、33㎝というジャンボサイズが取り込まれたのだった

井上俊介さんは「沖右ヱ門丸」のカサゴ釣りに魅了された一人。当日最大となる36㎝をゲット!

エサに最適なサイズのマイワシエサ(デッドベイト)を持参した井上俊介さんは、大型カサゴを連発させた。

33㎝!

このサイズも十分な良型だ。

「春休み中の孫と釣りに来ました」。カサゴ釣りはファミリーで楽しむにもおすすめ!

永井名人も茅ヶ崎沖のカサゴ釣りを楽しんだ。

永井名人にはワニゴチがヒット。茅ヶ崎沖の浅場にはさまざまな魚種がいる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」。

3月前半、「カサゴ始めます。取材に来てください…」と書かれたFAXが茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」から編集部に届いた。
3月20日からアマダイ船と切り替わってカサゴ船をスタートさせた「沖右ヱ門丸」。すると、開始2日目には41㎝、3日目には43㎝という超大型が取り込まれたのだった。
こんな釣果が記録されているのに取材しないわけにはいかない。「今取材行かなければ、いつ行くの? 今でしょ!!」という声が周囲から聞こえてきそうなほどに大型が釣れている。
急遽、取材を敢行した結果が、これだ。当日は、強烈な濁り潮、かつ潮が流れないという悪条件。それでも36㎝、33㎝というジャンボサイズが取り込まれたのだった。
「ジャンボはシーズン初期に実績があるので、早めに来たほうがいいですね。そして、これからは浅場でいろいろなサイズがまじって数釣りが楽しめます」と話す豊永直人船長。
さあ、ココを読んだら即釣行だ!

竿は7対3〜8対2の先調子がおすすめだ。リールは小型両軸。道糸にはPEラインの2〜3号を100mも巻いてあれば十分

当日、「沖右ヱ門丸」で配られたエサは冷凍キビナゴとサバの切り身。

この釣りでは、必ずといっていいほど根掛かりする。仕掛けの予備は多めに持参しよう!

釣り方の基本は、上のイラストに示したとおり。オモリが着底したら糸フケを取って、オモリを海底から5㎝ほど浮かせた位置でアタリを待つ。水深が変化する場所を流すことも多いので、マメにタナを取り直すようにする。
取材当日は砂地に岩が点在する場所や岩盤を流すことが多かった。ところが、夏場には岩がゴロゴロしているような場所を流すこともあるそうだ。そのような場所では、岩と岩の間にできた穴にオモリを入れるように、頻繁にタナを取り直すようにすることが大事だそうだ。
また、豊永船長によると、聞きアワセも大事だという。底付近を狙っているので、仕掛けの状態によっては、カサゴがエサを食わえてもアタリが出ないこともあるからだ。
とにかく、タナの取り直しと聞きアワセはマメにおこなおう!

カサゴの釣り方はこうだっ!

小気味よい引きが楽しめるカサゴだが、ジャンボサイズともなると、引きはかなり力強い!

この時期の「沖右ヱ門丸」のカサゴ釣りでは、タモ取りシーンも珍しくない。

40㎝を超えるジャンボサイズが狙える茅ヶ崎沖のカサゴ釣りだが、タックルや仕掛けは一般的にカサゴ釣りに使われているものでOKだ。
竿は釣り人の好みによるが、7対3〜8対2の先調子がおすすめ。仕掛けを操作しやすく、かつアタリもわかりやすいからだ。
リールは小型両軸。道糸にはPEラインの2〜3号を100mも巻いてあれば十分だ。
仕掛けは胴付き式の2本バリが一般的。幹糸4号、枝ス3号が標準的なバランス。ハリは丸セイゴ、ムツバリなど。
オモリは25号。ただし、「沖右ヱ門丸」のホームページ内にも書かれているが、もし道糸がPEラインの5号前後という太めの場合は、船長と相談してオモリを重くするといいだろう。
そして、カサゴ釣りでは根掛かりが付きもの。ベテランでも必ずと言っていいほど根掛かりする。根掛かりをすれば、仕掛けをロストすることもある。仕掛け、オモリの予備は、「多すぎる」と思うぐらいに持参したほうが無難だ。
取材当日、「沖右ヱ門丸」で配られたエサはサバの切り身と冷凍のキビナゴ。キビナゴは当日に操船を担当した豊永船長の指示があったポイント(ジャンボ狙いのポイント)で使用した。豊永船長の指示がないポイントでは、ベラなどのエサ取りが多く、エサもちのいいサバの切り身を使用した。
豊永船長によると、配られたサバは皮の白っぽい方にハリを刺すようにカットしているという。皮の白っぽいほうにチョン掛けにする。キビナゴは頭部付近にハリを刺すが、仕掛けにヨレがかからず、エサが取れにくい付け方ならどんな方法でもいいという。下アゴから上アゴにハリを刺し抜くのが一般的だろう。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
グラスソリッド2ピースロッドシリーズ「ショートアーム GS」
東伊豆の川奈沖でシマアジが連発中!伊東港「村正丸」では、連日トップ3~4枚の好釣果!ゲストとしてマダイ、イサキ、大アジとお土産も多彩!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読