MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場で大型カサゴがガンガン釣れるから面白い!!【東京湾・久里浜沖】

浅場で大型カサゴがガンガン釣れるから面白い!!【東京湾・久里浜沖】

本格的な春の訪れとともに陸上が暖かくなると、それより少し遅れて海の中も暖かくなってくる。そうなると、俄然おもしろくなるのが東京湾の浅場で釣れる「カサゴ」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》浅場で大型カサゴがガンガン釣れるから面白い!!【東京湾・久里浜沖】の画像をチェック! navigate_next

まだ開幕したばかりとあって多少のムラはあるものの、釣果はそれでもトップ20匹前後

取材日は風が強くちょっと寒かったけど、これからの季節は天気がいい日ならポカポカ陽気のなかでのんびり楽しめる。「カサゴ釣りは手軽で釣れるし、食べても美味しい! こういう釣りって、私、大好きです!」と児島玲子さん。

アタリは「ガツガツ!」と明確。だから初心者や子供にもオススメ!

最盛期ともなれば、10mを切るような浅場でこんなサイズが!

ダブルともなれば引きはいっそう強烈!

カサゴはもちろん食べても美味しい! 刺身、煮付け、唐揚げ、アクアパッツアなど、どんな料理にもあう。

初心者が手軽に楽しめる釣りでありながら、ベテランをも熱くさせるおもしろさがあるのがこのカサゴ釣りの魅力でもある。

ベストシーズンはGW頃から梅雨にかけて。今スグ予定を立てて予約を入れよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「巳之助丸」。

「ちょっと来るのが早かったね。GW頃に来てみなよ。浅場で型もいいし、数が釣れて、最高に楽しいから!」と話すのは久比里「巳之助丸」臼井恒介船長。
取材は3月下旬。まだ開幕したばかりとあって多少のムラはあるものの、釣果はそれでもトップ20匹前後。水深は30~40mとこの釣りとしてはまだ深く、サイズは小ぶりも目立った。
それが水温が上がるGW頃になると、ポイントによっては水深はなんと10mよりも浅く、アタリも頻繁にあって数釣れて、しかもサイズもよくなり大型が多くなる! というのだ。
この釣りはオモリが軽くタックルもライト。基本的な釣り方は難しくないので、女性や子供も手軽に楽しめる。
臼井船長によると、最盛期は梅雨頃まで続くという。
今スグ予定を立ててバッチリ準備して、GWに思いっきり楽しもう!!

オモリは軽く25~30号で、タックルもライトでOK

東京湾のカサゴ釣りの魅力は、なんといっても「お手軽」なこと。取材時の水深は30m前後だったが、これからの時期はなんと10mを切るような場所で釣ることもある。だからオモリは軽く25~30号で、タックルもライトでOK。そのうえ基本的な釣り方も難しくないので、女性や子供たちも楽しめてしまう! つまり、ファミリーフィッシングや友達とみんなでワイワイ楽しむのに最適なのだ。
そんな東京湾のカサゴ釣りで使う道具は、竿は2m前後で、7対3調子ぐらいのLT竿がオススメ。長すぎると持っていて疲れるし、先調子すぎると食い込みが悪い。逆に胴に入りすぎると、根掛かりしやすくなってしまう。それらを考えてちょうどいいのが、2m前後で、7対3調子なのである。同じ東京湾で使われるシーバスジギングのタックルなども流用可能だ。
「巳之助丸」のカサゴ釣りは別名「ドジョウカサゴ」とも言われるだけあって、エサはドジョウを使う。しかも、配られるときには生きている!
この生きたドジョウはクネクネヌルヌルして、ハリに刺すのはなかなか難しい。そこで、いったん船の床に叩き付けて気絶させる。ただ、殺してしまうと食いが悪くなってしまうと言うので、その加減はほどほどに。
その他、サバの切り身も用意されているので、状況を見て使い分けるとよい。基本的には下バリにサバ、上バリにドジョウを付ける。

「オモリで海底をゆっくりトントン」、これさえしていればOK

カサゴの釣り方は、極端なことを言ってしまえば、「オモリで海底をゆっくりトントン」していれば釣れる。カンタンでしょ! しかも、アタリがあったら向こうアワセでよいので、強い引き込みがあってからグイっとアワせて巻き上げればよい。
ただし、より快適に、そしてよりたくさん釣るための注意点はいくつかある。
まずはオモリを海底に着けるときに、「ドスン!」とやらないこと。そっと「置く」ようにするのだ。そのためには、最初の投入時は、リールのスプールを軽く指で触れて道糸の放出にブレーキをかけてやろう。誘い下げのときもゆっくりと竿を降ろす。こうすることで、根掛かりを大幅に減らすことができる。
次に誘い。カサゴは上から落ちて来るものによく反応するので、誘い下げをとくに意識して行うとよいだろう。
このように、東京湾のカサゴ釣りは、とても手軽に楽しめる。しかも、食べて美味しい!! 寒くもないし、暑くもない。東京湾のカサゴ釣るなら、これからですよ!!

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
大原沖のテンヤマダイが好調!浅場で数釣りが楽しめる!中小型主体だけど大型も期待!アタリ多く釣りやすいのでビギナーにもオススメだ!!
波崎沖カンネコ根周辺のアカムツが乗っ込み最盛期!40㎝級のでっぷりボディーが爆釣中!激うま魚のベストシーズンを満喫しよう。
最新記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
1本ずつ手作りにこだわり強度に優れたコマセマダイ用仕掛け Amizesu「真鯛テーパー仕掛け(1本針・2本針)」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル