MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽なカサゴ釣りを、半日船でさらに気軽に!【東京湾・本牧沖】

手軽なカサゴ釣りを、半日船でさらに気軽に!【東京湾・本牧沖】

カサゴは簡単に誰でも釣れるターゲットだが、それをさらに気軽にリーズナブルに楽しめるのが午前、午後の半日船だ。

金沢漁港「忠彦丸」は、午前、午後の半日船でカサゴ乗合に出船しているが、半日でトップ40匹前後釣れる日も珍しくない

女性や子供、ビギナーも気軽に楽しめるのがカサゴ釣りのいいところ。短時間の半日船なら、さらに気軽に乗船できるぞ!

アタリ活発! 次々とカサゴが食ってくる、お土産たっぷり。

水温が上がるにつれて東京湾の浅場でカサゴが活発にエサを追うようになってくる。

この日はあいにくの雨模様だったが、食いは活発。曇天や濁り潮はカサゴの活性を高めるのだ。

船で11時ごろ沖揚がり。短時間だが、手返しよく釣ればお土産十分。

サイズは15〜25㎝前後。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」。

ライトなタックルを使用し、釣り方も比較的簡単な東京湾の浅場のカサゴ釣り。老若男女、誰でも楽しめる釣りだが、それをさらに気軽に、リーズナブルに楽しむならば、半日船という選択もオススメだ。
金沢漁港「忠彦丸」は、午前、午後の半日船でカサゴ乗合に出船しているが、半日でトップ40匹前後釣れる日も珍しくない。
「本番はもう少し水温が上がってからなんですが。今も食いはいいので十分楽しめると思いますよ」。こう話すのは「忠彦丸」上原章船長。
これから夏にかけ水温が上がってくると5mほどの浅場でも釣れるようになるカサゴだが、今はまだ深め、本牧沖の水深15〜30m前後を中心に狙っている。ポイントはやや深めだが、使用するオモリは15号と軽い。その理由は「ウチはライトの釣りが多い船宿なので、カサゴも15号で通してます。軽いほうが女性、子供も釣りやすいし、根掛かりもしにくいですからね。初心者の方も大歓迎ですよ」と章船長。
カンタンに数釣りが楽しめ、食べてもおいしいカサゴ。ビギナーは半日船から始めてみては。

釣り方のコツは、一にも二にも根掛かりさせないこと

エサはサバのタンザク。

エサの端にハリをチョン掛け。

仕掛けは胴付き2本バリ、エサはサバのタンザク。
エサは端っこの中央部にエサが真っすぐたなびくようにハリを刺すこと。カサゴは意外と神経質なところがあって、エサ付けが悪いとガタッと食いが落ちるのだという。
そして釣り方のコツは、「一にも二にも根掛かりさせないことです」と船長。カサゴ釣りだから、根やゴロタ場など、常に根掛かりしやすい場所を流す釣りではあるのだが、根掛かりばかりしていたら釣果は伸ばせない。
「半日船ですからね、根掛かりはずしや仕掛け交換ばかりに時間を使っていたらだめです。根の中をいかに根掛かりさせずに攻められるかが大切です」。
着底したら底から10㎝オモリを切って待つのが基本。下バリのハリスが長いので、10㎝オモリを切ると、ちょうど岩の穴やくぼみに身を潜めるカサゴの目の前にエサを漂わせることができるのだ。
この10㎝を常にキープさせていれば根掛かりも少なく、釣果も伸びる。「コツッ」とオモリが底に当ったら、素早く竿先を10㎝上げ、しばらく待ってアタリがなければ竿先を下げて底を取り、再び10㎝上げて待つ。
リールのクラッチを切り、スプールを親指で押さえた状態で釣るのが船長のおすすめ。
「深くなってゆくときは親指の力をゆるめればすぐに糸が出せますから。オモリが底に着いたらまた親指で押さえて竿先を10㎝上げる。かけ下がりのときは、この繰り返しで釣るといいいです」。

アタリがあったらゆーっくり竿先を上げてカサゴを根から離してやるのだ

「いい引き!」。カサゴは小さな体でグングンと小気味いい引きを楽しませてくれる。

カサゴは基本的には向こうアワセでいいが、オモリを10㎝切った状態のまま食い込みを待っていると穴に潜られてしまうことも少なくない。
「オモリやハリの根掛かりだけじゃなくて、カサゴに潜られての根掛かりもけっこう多いんですよ」と船長。穴に潜って踏ん張られると、小さなカサゴでもなかなか引きずり出すのは難しい。
その対策として、アタリがあったらゆーっくり竿先を上げてカサゴを根から離してやるのだ。
そんなことをするとカサゴがエサを放してしまいそうだが、食い気があればエサを離さず付いてくるという。そういう魚は竿を上げながらでもエサを食い込むので、ガガガガッと大き目のアタリが出るという。ここでリーリングを開始すればいいのだ。
できるだけ根掛かりさせないよう注意して釣果を伸ばそう!

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読