MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イサキ、シマアジ、ヒラマサ…網代南沖の豪華五目【網代南沖】

イサキ、シマアジ、ヒラマサ…網代南沖の豪華五目【網代南沖】

網代南沖の遠征五目が始まった。遠征釣りと言うと、タックルも準備も大掛かりだと思われがちだが、網代港からは航程2時間弱、タックルはワラサ、マダイ用で十分楽しめる手軽さがある。ロッドキーパーやステンカン、テンビンまでも船に常備されているので荷物はむしろ少なくて済む。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

イサキはトップで41匹、ウメイロも多数まじって、網代南沖らしい釣果に恵まれた

この時期の〝本命〟のひとつであるシマアジだった。例年早い時期は5kgオーバーの大型のチャンスも。

開始2流し目にロッドを強襲する強い引きが。

ヒラマサもこの時期に期待したターゲットのひとつ。この「何が来るかわからない」のもこの釣りの魅力だ。

座席下がイケスになっているので便利だ。

本命イサキは上々の食い。イサキでお土産は確保できる。あとはゲストで上積みできるか。

釣り方は海面からのタナ取りで、船長が指示するタナは、反応に合わせ25m、20m、18mと上がっていく。これはエサ取りの中から本命魚を誘い上げるため。アタリは活発で、イサキ主体にシマアジやヒラマサも顔を出した。
青物やマダイがいつ食ってくるかわからないため、ハリスは細くとも4号、大型魚の回遊時には8号を使い、ドラグ調整をしっかりして挑みたい。この日は青物に加え、イシダイ、オキメジナ、アカハタがまじりまさに五目釣り。イサキはトップで41匹、ウメイロも多数まじって網代南沖らしい釣果に恵まれた。4月はシマアジの好機、さらに水温が上がればヒラマサやカンパチの回遊も増えるだろう。大物、高級魚に期待を馳せての遠征釣りには魅力が溢れている。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル