MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
銭洲解禁!! カンパチ&ヒラマサ大型回遊チャンス【銭洲】

銭洲解禁!! カンパチ&ヒラマサ大型回遊チャンス【銭洲】

去る4月1日、今年も銭洲が待望の解禁を迎えた。例年の解禁日を含む初期の銭洲に関しては、1〜3㎏クラスのカンパチが多く、4〜6㎏がポツポツ、これに10㎏前後もまじる、というイメージがあてはまる。水温はここ数年15〜18度、ときには13度台ということもあった。これが今年は21度台。この高水温が吉と出るか? 凶と出るか? 

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ムロアジの泳がせ釣りで、2回のビッグヒットを得た

秘境!  ネープルス! この岩礁の周りに超大物が潜んでいる!!

第18とび島丸、13.6㎏カンパチ。

高水温を証明するスマガツオがまじった。

4月1日、待望の銭洲解禁日。天気はあいにくの曇空だったが、水温は21度。すでにゴールデンウイーク以降の潮。期待が膨らむ。

1本取り込まれると連発ヒットが期待される銭洲だが……。

ヒットするカンパチは良型ばかり。今期はサイズがデカイ。

ヒットするカンパチは良型ばかり。今期はサイズがデカイ。

ムロアジの泳がせに大物がヒット! しかし、外れてしまった。大型青物であることに間違いない。

うれしいゲストのウメイロ。

定刻7時、船上から一気にジグ、五目狙いの仕掛けが放たれた。各船にはルアーマンの姿が目立つ。魚探の反応は上々、潮色はかなり澄んでいる。
ひと流しめからヒット! という期待の大きい例年の解禁日だが、今年はなかなか1匹が遠かった。数釣りに関しては、ひと言で言えば大苦戦。しかし、大型が例年以上の確率でヒットしてきた。「とび島丸」で13・6㎏のカンパチ、「南伊豆忠兵衛丸」で20㎏のヒラマサがキャッチされた。以上はルアーでの成果だが、今回の取材ではムロアジの泳がせ釣りで、2回のビッグヒットを得た。いずれもキャッチまで至らなかったが、水面付近で巨体をくねらせて去ったそのうちの一回は、15㎏はあろうかという大型カンパチだった。
解禁日以降、シケ続きで追加の情報が少ない状況だ。以上が解禁日だけのものなのか、または大きく様変わりしているのか? 誰にも分からない。船止めが長いだけに2回目の解禁に近いような状況ともいえよう。大型への対策を含め、万全の準備で挑むことをおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル