MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
銭洲解禁!! カンパチ&ヒラマサ大型回遊チャンス【銭洲】

銭洲解禁!! カンパチ&ヒラマサ大型回遊チャンス【銭洲】

去る4月1日、今年も銭洲が待望の解禁を迎えた。例年の解禁日を含む初期の銭洲に関しては、1〜3㎏クラスのカンパチが多く、4〜6㎏がポツポツ、これに10㎏前後もまじる、というイメージがあてはまる。水温はここ数年15〜18度、ときには13度台ということもあった。これが今年は21度台。この高水温が吉と出るか? 凶と出るか? 

ムロアジの泳がせ釣りで、2回のビッグヒットを得た

秘境!  ネープルス! この岩礁の周りに超大物が潜んでいる!!

第18とび島丸、13.6㎏カンパチ。

高水温を証明するスマガツオがまじった。

4月1日、待望の銭洲解禁日。天気はあいにくの曇空だったが、水温は21度。すでにゴールデンウイーク以降の潮。期待が膨らむ。

1本取り込まれると連発ヒットが期待される銭洲だが……。

ヒットするカンパチは良型ばかり。今期はサイズがデカイ。

ヒットするカンパチは良型ばかり。今期はサイズがデカイ。

ムロアジの泳がせに大物がヒット! しかし、外れてしまった。大型青物であることに間違いない。

うれしいゲストのウメイロ。

定刻7時、船上から一気にジグ、五目狙いの仕掛けが放たれた。各船にはルアーマンの姿が目立つ。魚探の反応は上々、潮色はかなり澄んでいる。
ひと流しめからヒット! という期待の大きい例年の解禁日だが、今年はなかなか1匹が遠かった。数釣りに関しては、ひと言で言えば大苦戦。しかし、大型が例年以上の確率でヒットしてきた。「とび島丸」で13・6㎏のカンパチ、「南伊豆忠兵衛丸」で20㎏のヒラマサがキャッチされた。以上はルアーでの成果だが、今回の取材ではムロアジの泳がせ釣りで、2回のビッグヒットを得た。いずれもキャッチまで至らなかったが、水面付近で巨体をくねらせて去ったそのうちの一回は、15㎏はあろうかという大型カンパチだった。
解禁日以降、シケ続きで追加の情報が少ない状況だ。以上が解禁日だけのものなのか、または大きく様変わりしているのか? 誰にも分からない。船止めが長いだけに2回目の解禁に近いような状況ともいえよう。大型への対策を含め、万全の準備で挑むことをおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!
東京湾奥のサワラゲームがアツい!今年も来た!湾奥のサワラ祭り!レンジ・アクション・スピードを使い分け、激ウマのターゲットを捕獲しよう!!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
最新記事
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル