MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗りも味も最高だっ! 白浜沖のスルメイカ【南房・白浜沖】

乗りも味も最高だっ! 白浜沖のスルメイカ【南房・白浜沖】

南房のスルメイカが例年にないほど、早い時期から好調に乗っている。6月から7月にかけてはたびたび束釣りも達成。7月後半になり、でかスルメも多くなりいよいよ夏の最盛期へ。そこで、7月21日、白間津港「甚四郎丸」へ様子をうかがってきた。

例年にない当たり年の予感! どうなっちゃってんだよスルメイカ

大型のスルメは船上干しにしよう。これぞ夏の風景だ。

イカのサイズがでかいので、3杯も乗るとかなりの重量だ。

「潮が速いときや、二枚潮のときは強めにシャクる必要があります」とこの日トップの園部健次さん。

二枚潮で釣りづらい状況ながら、一瞬のチャンスをモノにして6杯掛けを達成!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉白間津港「甚四郎丸」。

今年の南房のスルメイカはかなりいいらしい。ここ数年は夏の盛りにはどうも元気がなく、いつがスルメのシーズンなのかわからないような釣れ方をしていたが、今シーズンは夏スルメを大いに堪能できそうなのだ。
「今年は6月から始めましたが、この時期から安定して乗ることはいままでほとんどありませんでした。今シーズンは間違いなく好調だと思いますよ」と、白間津港「甚四郎丸」の進藤源吾船長は言う。
ここ数年、海水温の上昇のせいか、スルメイカのシーズンを定義するのが難しいような状況が続いていた。一年のうちでもっとも乗ったのが1月、2月だったり、ほぼ一年中狙えるような年もあれば、中途半端にポツポツ乗るだけで、結局本番を逃すというような年も。しかし、やっぱりスルメイカは夏の太陽のもとで釣りたいもの。そんな夏スルメがいま、南房で楽しめるのだ。
この日は、ベタナギ続きの海況にスルメイカも元気をなくしたのか、乗りはいまひとつながら、後半からは特大サイズ交えて多点掛けもちらほら。
スルメイカは大型になるほどツノをよく見るといわれる。18㎝メインだが、プラヅノは新しいものを使うのをおすすめする。電動リールもハイパワーで挑もう。大型多点掛けでありえないほどの重量感を味わおう!

スルメイカ仕掛けはこうだっ

プラヅノは18㎝使用。この日はほとんど人が「ピッカピカ針」を使用していた。潮が澄んでいくので、きれいなもの、新しいものを使おう。

多点掛けも多い。慌てずに取り込みを。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
東京湾のタイラバゲームが活況だ。取材日は湾口一帯の水深40~50mの各ポイントが主戦場!トップは11枚。最大は3.3㎏。近年の基本タックル&ヒットタイラバを紹介!
ブリシーズン到来の合図となる「鰤起こし」到来!冬の新潟・柏崎沖でブリクラスを狙ったジギングゲームを堪能。スキッディング&ジギングで攻略「アシストクラブ金進丸」のブリゲームを紹介する。
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
最新記事
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
東京湾のタイラバゲームが活況だ。取材日は湾口一帯の水深40~50mの各ポイントが主戦場!トップは11枚。最大は3.3㎏。近年の基本タックル&ヒットタイラバを紹介!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読