MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗りも味も最高だっ! 白浜沖のスルメイカ【南房・白浜沖】

乗りも味も最高だっ! 白浜沖のスルメイカ【南房・白浜沖】

南房のスルメイカが例年にないほど、早い時期から好調に乗っている。6月から7月にかけてはたびたび束釣りも達成。7月後半になり、でかスルメも多くなりいよいよ夏の最盛期へ。そこで、7月21日、白間津港「甚四郎丸」へ様子をうかがってきた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

例年にない当たり年の予感! どうなっちゃってんだよスルメイカ

大型のスルメは船上干しにしよう。これぞ夏の風景だ。

イカのサイズがでかいので、3杯も乗るとかなりの重量だ。

「潮が速いときや、二枚潮のときは強めにシャクる必要があります」とこの日トップの園部健次さん。

二枚潮で釣りづらい状況ながら、一瞬のチャンスをモノにして6杯掛けを達成!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉白間津港「甚四郎丸」。

今年の南房のスルメイカはかなりいいらしい。ここ数年は夏の盛りにはどうも元気がなく、いつがスルメのシーズンなのかわからないような釣れ方をしていたが、今シーズンは夏スルメを大いに堪能できそうなのだ。
「今年は6月から始めましたが、この時期から安定して乗ることはいままでほとんどありませんでした。今シーズンは間違いなく好調だと思いますよ」と、白間津港「甚四郎丸」の進藤源吾船長は言う。
ここ数年、海水温の上昇のせいか、スルメイカのシーズンを定義するのが難しいような状況が続いていた。一年のうちでもっとも乗ったのが1月、2月だったり、ほぼ一年中狙えるような年もあれば、中途半端にポツポツ乗るだけで、結局本番を逃すというような年も。しかし、やっぱりスルメイカは夏の太陽のもとで釣りたいもの。そんな夏スルメがいま、南房で楽しめるのだ。
この日は、ベタナギ続きの海況にスルメイカも元気をなくしたのか、乗りはいまひとつながら、後半からは特大サイズ交えて多点掛けもちらほら。
スルメイカは大型になるほどツノをよく見るといわれる。18㎝メインだが、プラヅノは新しいものを使うのをおすすめする。電動リールもハイパワーで挑もう。大型多点掛けでありえないほどの重量感を味わおう!

スルメイカ仕掛けはこうだっ

プラヅノは18㎝使用。この日はほとんど人が「ピッカピカ針」を使用していた。潮が澄んでいくので、きれいなもの、新しいものを使おう。

多点掛けも多い。慌てずに取り込みを。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル