MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗りも味も最高だっ! 白浜沖のスルメイカ【南房・白浜沖】

乗りも味も最高だっ! 白浜沖のスルメイカ【南房・白浜沖】

南房のスルメイカが例年にないほど、早い時期から好調に乗っている。6月から7月にかけてはたびたび束釣りも達成。7月後半になり、でかスルメも多くなりいよいよ夏の最盛期へ。そこで、7月21日、白間津港「甚四郎丸」へ様子をうかがってきた。

perm_media 《画像ギャラリー》乗りも味も最高だっ! 白浜沖のスルメイカ【南房・白浜沖】の画像をチェック! navigate_next

例年にない当たり年の予感! どうなっちゃってんだよスルメイカ

大型のスルメは船上干しにしよう。これぞ夏の風景だ。

イカのサイズがでかいので、3杯も乗るとかなりの重量だ。

「潮が速いときや、二枚潮のときは強めにシャクる必要があります」とこの日トップの園部健次さん。

二枚潮で釣りづらい状況ながら、一瞬のチャンスをモノにして6杯掛けを達成!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉白間津港「甚四郎丸」。

今年の南房のスルメイカはかなりいいらしい。ここ数年は夏の盛りにはどうも元気がなく、いつがスルメのシーズンなのかわからないような釣れ方をしていたが、今シーズンは夏スルメを大いに堪能できそうなのだ。
「今年は6月から始めましたが、この時期から安定して乗ることはいままでほとんどありませんでした。今シーズンは間違いなく好調だと思いますよ」と、白間津港「甚四郎丸」の進藤源吾船長は言う。
ここ数年、海水温の上昇のせいか、スルメイカのシーズンを定義するのが難しいような状況が続いていた。一年のうちでもっとも乗ったのが1月、2月だったり、ほぼ一年中狙えるような年もあれば、中途半端にポツポツ乗るだけで、結局本番を逃すというような年も。しかし、やっぱりスルメイカは夏の太陽のもとで釣りたいもの。そんな夏スルメがいま、南房で楽しめるのだ。
この日は、ベタナギ続きの海況にスルメイカも元気をなくしたのか、乗りはいまひとつながら、後半からは特大サイズ交えて多点掛けもちらほら。
スルメイカは大型になるほどツノをよく見るといわれる。18㎝メインだが、プラヅノは新しいものを使うのをおすすめする。電動リールもハイパワーで挑もう。大型多点掛けでありえないほどの重量感を味わおう!

スルメイカ仕掛けはこうだっ

プラヅノは18㎝使用。この日はほとんど人が「ピッカピカ針」を使用していた。潮が澄んでいくので、きれいなもの、新しいものを使おう。

多点掛けも多い。慌てずに取り込みを。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
首都圏近郊では、屈指の爆発力を誇る常磐エリアのジギングゲーム。今年も4月上旬の開幕からイナダ&ワラサに、日並でヒラマサやヒラメも加わって大盛況が続いている。
東京湾タチウオジギングが好調!4月下旬の横浜新山下「渡辺釣船店」での実釣取材時は走水沖、久里浜沖を攻め、ほぼ全員が120㎝近い腹太ドラゴンをキャッチ。トップは16本を記録した。
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル