MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】

ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】

周年にわたり、ヒラマサやワラサなどの青物を狙うことができる千葉・外房。そのなかでも、ベストシーズンとされるタイミングは春と秋の2回あるといわれる。まさにちょうど今が2大のシーズンのうちのひとつ。最高の季節なのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】の画像をチェック! navigate_next

サンパク〜ワラサはなんと全員キャッチ! どの魚もよく肥えていて、グッドコンディション。小型ながらヒラマサも顔を出した

名手・野澤千春氏は、ジギングで6㎏クラスのヒラマサ。新作の「スパイダーフック」(MCワークス)がガッツリと上顎を捉えていた。

ブルージャック」でおなじみのルアーメーカー「サプライズ」代表の椙尾和義氏はプロトジグでキャッチ。発売はそろそろ!?

「あまり走らないからワラサかも…」と上がってきたのはヒラマサ! ドラグが7㎏ほど度も掛かっており、そりゃ魚も走れないわ…。さて、この写真を見て何を考えますか? 注目すべきは海の色。ここに攻略のヒントがある。

黄色のラインが美しいこちらもヒラマサ。

ルアーメーカー「ローカルスタンダード」代表・尾上拓哉氏は、見事なテクニックでこの日ワラサを3本!

土砂降りだけど魚たちは高活性! だからもちろん釣り人も高活性! 次から次へとロッドが曲がる!!

丸々と太ったグッドコンディションのワラサ。ジグは「ウイークベイト」(メロン屋工房)だ。

周囲でバタバタと連続ヒットしているときは絶好のチャンス! そのタイミングを絶対に逃すな!

絶好調! 全員キャッチだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

取材は3月下旬。撮影は2日間行ったが、初日は大風&大雨の悪天候。しかし、真潮が適度に流れ、透明度は高い。黒潮が接岸している証拠だ。
結果、サンパク〜ワラサはなんと全員キャッチ! どの魚もよく肥えていて、グッドコンディション。小型ながらヒラマサも顔を出した。
ところが翌日は、天候こそ回復したものの、どういうわけか魚は食い渋り…。唯一上がったのは、名手・野澤千春さんが仕留めた良型ヒラマサだった。
ときに優しく、とにき厳しい外房の海。この気難しさもまた攻略の楽しさである。だが、そこを攻略できたときほどうれしいことはない。
春のベストシーズンを迎えた外房。ぜひチャレンジしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
キハダや青物に実績のあるリアルオキアミに新色登場「リアルオキアミ(キハダ・青物)」ホワイト
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル