MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】

ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】

周年にわたり、ヒラマサやワラサなどの青物を狙うことができる千葉・外房。そのなかでも、ベストシーズンとされるタイミングは春と秋の2回あるといわれる。まさにちょうど今が2大のシーズンのうちのひとつ。最高の季節なのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】の画像をチェック! navigate_next

サンパク〜ワラサはなんと全員キャッチ! どの魚もよく肥えていて、グッドコンディション。小型ながらヒラマサも顔を出した

名手・野澤千春氏は、ジギングで6㎏クラスのヒラマサ。新作の「スパイダーフック」(MCワークス)がガッツリと上顎を捉えていた。

ブルージャック」でおなじみのルアーメーカー「サプライズ」代表の椙尾和義氏はプロトジグでキャッチ。発売はそろそろ!?

「あまり走らないからワラサかも…」と上がってきたのはヒラマサ! ドラグが7㎏ほど度も掛かっており、そりゃ魚も走れないわ…。さて、この写真を見て何を考えますか? 注目すべきは海の色。ここに攻略のヒントがある。

黄色のラインが美しいこちらもヒラマサ。

ルアーメーカー「ローカルスタンダード」代表・尾上拓哉氏は、見事なテクニックでこの日ワラサを3本!

土砂降りだけど魚たちは高活性! だからもちろん釣り人も高活性! 次から次へとロッドが曲がる!!

丸々と太ったグッドコンディションのワラサ。ジグは「ウイークベイト」(メロン屋工房)だ。

周囲でバタバタと連続ヒットしているときは絶好のチャンス! そのタイミングを絶対に逃すな!

絶好調! 全員キャッチだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

取材は3月下旬。撮影は2日間行ったが、初日は大風&大雨の悪天候。しかし、真潮が適度に流れ、透明度は高い。黒潮が接岸している証拠だ。
結果、サンパク〜ワラサはなんと全員キャッチ! どの魚もよく肥えていて、グッドコンディション。小型ながらヒラマサも顔を出した。
ところが翌日は、天候こそ回復したものの、どういうわけか魚は食い渋り…。唯一上がったのは、名手・野澤千春さんが仕留めた良型ヒラマサだった。
ときに優しく、とにき厳しい外房の海。この気難しさもまた攻略の楽しさである。だが、そこを攻略できたときほどうれしいことはない。
春のベストシーズンを迎えた外房。ぜひチャレンジしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
ブランド鹿島ダコの本格シーズン開幕中!餌木タコ釣法でビッグ サイズをゲットしよう!!12月は大型メインのシーズン!丁寧な小突きがカギだ!
関東屈指の大ダイ場・川津沖では、晩秋~早春にかけて、「ディープ」と呼ばれる水深100mのポイントが面白くなる。「ロクマル」超も夢じゃない!
東京湾のサワラゲームが好調だ!投げて巻くだけ今期大流行のブレードジグがオススメ!サゴシサイズは少なく、2~3kgクラスがアベレージ。
内房のアオリイカが、水温低下と共に乗りが活発化!アタリを出すコツは餌木をシャクリ上げて誘った後のステイ!釣った感抜群のティップランで攻略!
タイラバ&タチウオにブリ狙い!駿河湾・秋の陣!清水「大宝丸」は、タイラバ&タチウオを軸にした自由度の高いリレー船で、駿河湾の遊び方を提案してくれる。
最新記事
小坪港「洋征丸」では、アジ五目が絶好調!ビシアジスタイルでマダイ、根魚、青物も狙う豪華なアジ五目!ぜひチャレンジしてみよう!
ブランド鹿島ダコの本格シーズン開幕中!餌木タコ釣法でビッグ サイズをゲットしよう!!12月は大型メインのシーズン!丁寧な小突きがカギだ!
【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!
つりジェンヌ マナーアップキャンペーンキャッチフレーズ大募集!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル