MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】

ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】

周年にわたり、ヒラマサやワラサなどの青物を狙うことができる千葉・外房。そのなかでも、ベストシーズンとされるタイミングは春と秋の2回あるといわれる。まさにちょうど今が2大のシーズンのうちのひとつ。最高の季節なのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】の画像をチェック! navigate_next

サンパク〜ワラサはなんと全員キャッチ! どの魚もよく肥えていて、グッドコンディション。小型ながらヒラマサも顔を出した

名手・野澤千春氏は、ジギングで6㎏クラスのヒラマサ。新作の「スパイダーフック」(MCワークス)がガッツリと上顎を捉えていた。

ブルージャック」でおなじみのルアーメーカー「サプライズ」代表の椙尾和義氏はプロトジグでキャッチ。発売はそろそろ!?

「あまり走らないからワラサかも…」と上がってきたのはヒラマサ! ドラグが7㎏ほど度も掛かっており、そりゃ魚も走れないわ…。さて、この写真を見て何を考えますか? 注目すべきは海の色。ここに攻略のヒントがある。

黄色のラインが美しいこちらもヒラマサ。

ルアーメーカー「ローカルスタンダード」代表・尾上拓哉氏は、見事なテクニックでこの日ワラサを3本!

土砂降りだけど魚たちは高活性! だからもちろん釣り人も高活性! 次から次へとロッドが曲がる!!

丸々と太ったグッドコンディションのワラサ。ジグは「ウイークベイト」(メロン屋工房)だ。

周囲でバタバタと連続ヒットしているときは絶好のチャンス! そのタイミングを絶対に逃すな!

絶好調! 全員キャッチだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

取材は3月下旬。撮影は2日間行ったが、初日は大風&大雨の悪天候。しかし、真潮が適度に流れ、透明度は高い。黒潮が接岸している証拠だ。
結果、サンパク〜ワラサはなんと全員キャッチ! どの魚もよく肥えていて、グッドコンディション。小型ながらヒラマサも顔を出した。
ところが翌日は、天候こそ回復したものの、どういうわけか魚は食い渋り…。唯一上がったのは、名手・野澤千春さんが仕留めた良型ヒラマサだった。
ときに優しく、とにき厳しい外房の海。この気難しさもまた攻略の楽しさである。だが、そこを攻略できたときほどうれしいことはない。
春のベストシーズンを迎えた外房。ぜひチャレンジしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
3月の鹿島沖テンヤマダイ船は、ジグマダイ船になった!45~60gの小型タングステンジグが大活躍!うれしいゲストはホウボウ&メバル!ぜひ挑戦してみてほしい!
【東京湾】イワシ付きグッドサイズが連発!キャスティングゲームで狙う夜のシーバス最高潮!ベイトパターンの群れにぶつかればグッドサイズの連発あるぞ!!
最新記事
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
フラッシュブーストにタコはメロメロ、超高アピールするタコ餌木「タコマスターフラッシュブースト 3.5号」
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
【相模湾・平塚沖~大磯沖】LTの元祖とも言えるのが平塚出船のLT五目だ。アジメインにアタリ活発!これから水深浅くなり魚種も豊富に!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル