MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
本番! 良型ずっしり! 南房のヤリイカ【南房】

本番! 良型ずっしり! 南房のヤリイカ【南房】

今シーズンのヤリイカは、東高西低? ってな感じで、どうも南房から相模湾にかけて元気がなかった感がある。しかし、4月に入ってからこのエリアにも活気が戻ってきた。南房ではヤリイカが大型化したと聞き、4月4日に白間津港「甚四郎丸」へ様子を確かめてきた。

perm_media 《画像ギャラリー》本番! 良型ずっしり! 南房のヤリイカ【南房】の画像をチェック! navigate_next

ヤリイカのサイズは大型が増えてきたと言うものの、中小型サイズもいて、イカの群れはまずまずいそうな感じだ

大サバの猛攻に遭い直結にチェンジ。するとジャンボヤリイカが乗ってきた。「14㎝にも乗っていますよ」

ムギイカもまじりだした。

スルメもポツポツと顔を出した。

潮が澄んで水温も一気に上昇し、サバが仕掛けの落下を妨げた。

3月後半から良型が目立ちだした。

直結の準備もしておくと安心。11㎝、14㎝があればOK。

水深は170〜200mをねらった。潮が澄んだため深場になった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・白間津港「甚四郎丸」。

今シーズンのヤリイカは、九十九里〜常磐などの東側のエリアで好調ぶりが目立っていた。ここ南房エリアはと言うと、シーズンに入ってから長いものの、ムラがあってなかなか安定した釣果が続かなかった。例年、シーズンが後ろへずれ込む傾向があるヤリイカだが、南房では3月後半になってようやく大型がまじりだし、本格シーズンへ突入した模様だ。
「今年はちょっと遅いよね。ようやく大型が出てきたので、これからだと思いますよ」と白間津港「甚四郎丸」の新藤源悟船長。
取材日はシケ後の大釣りが期待されたが、水温が19度まで上昇し潮も澄んみ、潮が速く非常に釣りづらい状況に。おまけに、今までそれほどいなかったというサバの猛攻に大苦戦。ブランコではなかなか釣りにならず、直結でうまく海底まで仕掛けをたどり着かせると、大型のヤリイカが乗ってきた。ヤリイカのサイズは大型が増えてきたと言うものの、中小型サイズもいて、イカの群れはまずまずいそうな感じだ。
この日、目立ったのが小型のスルメイカ。ムギイカとも呼ばれるが、初夏の使者たちも姿を見せてくれた。
「これから連休明けぐらいまでがピークだと思いますよ。直結の準備もしておいた方がいいですよ」
南房でずっしりと乗り味を楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
今期コノシロパターンゲーム絶好調!ビッグシーバスはビッグなルアーで攻略する!活況を呈している東京湾のビッグシーバスゲーム。初挑戦を考えるアングラーを対象に基本を紹介していこう。
最新記事
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル