MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
近場の大物釣り! 東京湾のマゴチ【東京湾】

近場の大物釣り! 東京湾のマゴチ【東京湾】

どことなく愛嬌のある顔をしているマゴチ。あの大きな口からは想像できないほど、最初のアタリは小さい。そしてエサを飲み込むまでに時間がかかるとされ、アタリからアワセまでの駆け引きに釣趣がある江戸前の人気ターゲットだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

この釣りで、一番のキモとなるのがアワセのタイミングだ

当日最大となる60㎝の大物が上がった!

マゴチの引き味も最高!

こちらも良型。

マゴチは海面で激しく抵抗することがある。取り込みはタモでおこなおう。

今夜の一献はこいつをアテに。

オモリは15号。エサがサイマキなので、ハリにはヒューズを巻く。

この時期のエサはサイマキと呼ばれる小型のクルマエビ。

開幕が早まり、ロングランで狙えるようになった東京湾のマゴチ釣り。今シーズンも序盤戦から好釣果が聞かれている。
この釣りで、一番のキモとなるのがアワセのタイミングだ。最初の「コツッ」という小さなアタリが次第に大きくなり、大きく竿が引き込まれた時がアワせるタイミング。両手でしっかりと竿を持ち力強くアワせよう。
アワセがうまくいけば、馬力のある引きが待っている。また、マゴチが掛かった時の衝撃で、竿を落としてしまうこともあるので、万が一に備えて、尻手ロープを付けておくと安心だ。
これからは、気候も安定して、海が穏やかな日も増えてくる。船に慣れていない初心者にも、沖釣りをオススメできる季節。さらに、シーズンが進めば、「照りゴチ」とも呼ばれる本格シーズンとなる。ビギナーも、ベテランも、東京湾のマゴチ釣りに出掛けてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル