MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
開幕! 木更津沖のシロギス、スミイカのオマケもあるよ【木更津沖】

開幕! 木更津沖のシロギス、スミイカのオマケもあるよ【木更津沖】

木更津沖のシロギスが、夏場の盛期に向けていよいよカウントダウンを始めた。

perm_media 《画像ギャラリー》開幕! 木更津沖のシロギス、スミイカのオマケもあるよ【木更津沖】の画像をチェック! navigate_next

去年のピーク時の実績では、三束という驚きの釣果が記録されたこともあったことから、今年も期待は大

キスはこれから本格化する。

カッ飛んだ潮、強風とかなり厳しい条件下ながら良型が顔を見せてくれた。

これから浅場で良型の数釣りが楽しめる。

ポイントはアクアライン周辺。

イシモチもよくまじる。

例年、4月に入るとこのエリアで釣れ出し、5月から夏の終わりごろまでがピークとなる。去年のピーク時の実績では、三束という驚きの釣果が記録されたこともあったことから、今年も期待は大だ。
また一方で、4〜5月になるとスミイカが産卵のために浅場に集まってくるのだが、このポイントがシロギスのポイントと重なっているという興味深い情報がある。本命をシロギスを狙いながら、そのポイントでこのスミイカも狙えるのだ。産卵のために集まってくるということは、即ち乗っ込み。つまり、型に期待が持てるということだ。
取材日のシロギスは、強風と速すぎる潮流のために、残念ながら今シーズン の状況を占うには至らなかったが、そんな状況でも20〜25㎝のシロギスが釣趣を満喫させてくれた。また、乗っ込みスミイカについては、水温があと2度上がると最適な海況になるという。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル