MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込みシーズンの剣崎沖、仲間と仕立で大ダイを狙え!!【剣崎沖】

乗っ込みシーズンの剣崎沖、仲間と仕立で大ダイを狙え!!【剣崎沖】

剣崎沖でマダイの「乗っ込み」が始まりそうだ。いや、すでに始まっていると言っていいだろう。

3月24日には、3人で1.6㎏を頭に13枚。翌25日には、3人で8枚と良型交じりで状況はかなり上向きになってきた

そろそろ乗っ込みシーズンの剣崎沖。マダイ狙いで仕立てるなら、今でしょ!!

取材当日はシケあとで食いが渋かったが、翌日は3人で13枚と活発に食った。乗っ込み本番に向かって急上昇中だ。

この日は大型は出なかったが、今後は乗っ込みの大型の期待も十分。

大アジがまじった。この日は食わなかったが、イナダも釣れている。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪港「美喜丸」。

剣崎松輪港は、やはりマダイのメッカだけあり「乗っ込み」を今か今かと待ちわびる釣り人であふれ返り多くのマダイ乗合が出船している。
仕立専門の「美喜丸」もターゲットは「乗っ込みマダイ」。
取材日こそ潮の流れが悪く活性が上がらなかったため船中3枚に終わったが、4日後の3月24日には、3人で1.6㎏を頭に13枚。翌25日には、3人で8枚と良型交じりで状況はかなり上向きになってきた。
4月の土日は、全て予約でいっぱいとのことだが平日ならまだ空きもあり、GWも現時点では空きがあるので、早めの予約と早めの釣行がおすすめだ。
大型マダイとのやり取りが楽しめるチャンス到来。仕立船で仲間と乗っ込みダイを狙うのも楽しい。

以上の記事は「つり丸」2013年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読