MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイの大群が水深 50〜60mに回遊中! 爆釣を体感せよ!!【飯岡沖】

マダイの大群が水深 50〜60mに回遊中! 爆釣を体感せよ!!【飯岡沖】

なんと半日でマダイを50枚以上キャッチ! 船中ではなく、一人の釣り人の釣果だ。この数字から理解できるように、3月半ばに飯岡「幸丸」に乗船した時の飯岡沖のひとつテンヤマダイ釣りは、大ブレイク!!

perm_media 《画像ギャラリー》マダイの大群が水深 50〜60mに回遊中! 爆釣を体感せよ!!【飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

まさに夢にまでみたひとつテンヤマダイパラダイスだ。午前船の結果は25〜55枚。特筆すべきは50枚超えが3人! 平均30枚!

この日、2番手は52枚!「小さいタイは逃がしましたからね。もっと釣ってますよ」とのこと。

1㎏サイズも多くまじる。もちろん大ダイもヒットするぞ!!

良型のマダイもまじる。

このサイズになるとトルクが違うのでかなりやり取りは楽しいぞ。

ダブルヒットは当たり前!

トップは常連の橋本さん。55枚キャッチ。

朝いちから爆釣モード! マダイが次々と抜き上げられる。

高活性時は、普段より重いテンヤを使うのがキモ。タングステンタイプが人気。

テンヤには、生きエビでも冷凍エビと同じ付け方でOK。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」。

「例年、3月の飯岡沖は水温が低くなるので、ひとつテンヤマダイは一番厳しくなるのですが、今期は異常なほどマダイの群れが濃いですね。ちょっと深めですが、水深50〜60mのポイント周辺にはマダイがどこでもいるって感じですよ」とは、飯岡港「幸丸」の向後恵一船長の言葉。外房飯岡沖のひとつテンヤマダイ釣りはすっかり定着した。そのパイオニアが彼である。
好釣果の報を聞き早速釣行すると、平日にもかかわらず2隻の大型船「幸丸」がおおにぎわい。それもそのハズ、連日絶好調の釣果がタタキだされているからだ。
当日の状況はというと、朝いちから沖揚がりまで終始釣れっぱなし……、という状態。マダイのサイズは、0.5〜1.5㎏ぐらい。1㎏前後が多いが、食べておいしいサイズだ。もちろんこれに大ダイもまじるという。
「大ダイがエサを食う前にほかの魚がテンヤのエビエサを食べてしまうのでしょう」と船長。
とにかく、ひっきりなしにアタる。これぞ、まさに夢にまでみたひとつテンヤマダイパラダイスである。午前船の結果は25〜55枚。特筆すべきは50枚超えが3人、平均30枚ということ。午後船も同様に爆釣だった。
向後船長によれば、生きエビエサの扱いは、エサの付け方も冷凍エビと同じでよいという。生きエビエサだから特別に釣果が上がっているのではなく、マダイの群れが濃いのが理由という。
高活性のときは、10〜15号の重めのテンヤやカブラを使って手返しを早くするのがコツという。釣行の際は、10号以上のテンヤをお忘れなく! 

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル