MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
富津沖のスズキ、豪快な伝統釣法を楽しもう!【内房・富津沖】

富津沖のスズキ、豪快な伝統釣法を楽しもう!【内房・富津沖】

富津沖のエビスズキは長い伝統を持ちながらも、いまだそのスリリングな釣り味は色あせていない魅力的な釣りだ。ライトな道具立てで、1メートルに届くかという超大型スズキを狙うのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》富津沖のスズキ、豪快な伝統釣法を楽しもう!【内房・富津沖】の画像をチェック! navigate_next

オモリ7号という軽い道具立てで、生きたエビエサを使い、豪快に大型魚とやりあうのが、このエビスズキ釣りだ

豪快なアワセが決まった! アタリは「コツン」と小さいものが多い。そこからアワセまでの過程を楽しもう。

体高があり魚体のキレイな魚が揃うのが富津沖の特徴だ。そして味も抜群だ。

現在は60〜70㎝クラスがメイン。光り輝く魚体は美しい。

後半アタリが集中して連続ゲット。

「バラシも多かったけど、最後は数釣りできました」と常連さん。

中オモリは7号。スズキバリにはヒューズを巻く。

エサはクルマエビの仔、サイマキを使う。丁寧につけることで釣果もアップ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富津港「浜新丸」。

江戸前の釣りは数あれど、中でも最も大物を狙うのがこのエビエサによるスズキ釣りだろう。オモリ7号という軽い道具立てで、生きたエビエサを使い、豪快に大型魚とやりあうのが、このエビスズキ釣りだ。
近年、東京湾のスズキと言えばルアーの「シーバス」をすぐに思い浮かべるが、釣り方と場所が変わればスズキはまったく性格の異なる顔を見せてくれる。
エラ洗いを見せ激しくファイトする様は同様に見られるが、エビスズキのアタリはとても繊細だ。「コツン」とか「ツン」と軽くエサをくわえただけのようなアタリが竿先に出る。そこから食い込みを待って大アワセを入れるのだが、これがけっこうムズカシイ。なかなかうまくいかないことも多い。
「アワセのタイミングが難しいよね。アタリがあって引っ張っていっちゃうこともあるけど、ほとんどは繊細なアタリだよね」と、この釣りを得意とする富津港「浜新丸」の浜名博一船長は言う。
「豪快」だけど「繊細」。「繊細」だけど「豪快」。そんな釣り人のココロをくすぐる要素を持っているのだ。
シーンと静まり返る船上がいきなりざわつく。アワセが決まったようだ。水深は浅くやり取りはあっという間だが、最後の最後まで抵抗を見せる。ここで逃げられることも多い。タモに入るまでドキドキ感が続く釣りである。

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル