MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のマゴチ、狙うは60㎝オーバー【東京湾・第二海堡沖〜大貫沖】

東京湾のマゴチ、狙うは60㎝オーバー【東京湾・第二海堡沖〜大貫沖】

東京湾のマゴチが早くも開幕している。新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月1日からマゴチ船を開始。初日は手探り状態ながらもトップ5本、最大58㎝も飛び出す好スタートを切っている。

「だてまき丸」では今年も開幕初日から好スタート。初日のトップは5本で、最大58㎝も飛び出した

永井名人の1本目。この1本を皮切りに船中でアタり出した!

さすが船宿女将! 笑顔で余裕のやり取り。

海面で激しく暴れることもあるマゴチ。タモに収まるまで気を抜けない!

女将の真由美さんは、2本釣って竿頭!

常連さんも2本釣って竿頭!

「だてまき丸」の仕掛けは、ハリにヒューズを巻かない。オモリは三日月型がおすすめ。

エサはサイマキ。エサ付けが分からなければ、出船まえに船長に聞いておこう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新子安恵比須橋「だてまき丸」。

シーズン初期のマゴチ釣りでも、エサは各種のエビだ。水温が高くなる夏場まではサイマキ(小型のクルマエビ)やサルエビが使われる。3月からマゴチを狙いはじめている新子安恵比須橋「だてまき丸」ではサイマキをエサに使っている。
「うちではエサのサイマキが底をはうようなタナで狙います。ですから、ハリにはヒューズ(糸オモリ)を巻きません。アワセのタイミングも重要ですが、仕掛けとタナも大事です」と話すのは「だてまき丸」の宮地至人船長。
「だてまき丸」では今年も開幕初日から好スタートを切った。初日のトップは5本で、最大58㎝も飛び出した。また、取材当日は潮が流れない悪条件であったが、流れ出すとアタリが連発。トップ2本が3人とまずまずの釣果だった。
昨年の好調に引き続き、今年も東京湾のマゴチは期待できそうだ!

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読