MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】

勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】

年明け早々に開幕し、一部のエリアでは水深50m以浅の浅場でも釣れはじめ、ついにマルイカもシーズン本番に突入だ!

perm_media 《画像ギャラリー》 勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】の画像をチェック! navigate_next

潮が変わって爆発するのも時間の問題。さあ、Xデーに備えろ!

マルイカって、ず~っと見ていてもまったく飽きない不思議な魅力がある。なんか、とっても可愛いんですよね!

「マルイカはホントおもしろいですね! 連載も読んでネ」と、今期初マルイカ釣りを楽しんだ児島玲子さん。

この日のポイントは勝山港の目の前と浮島周辺。水深は30~50m。手巻きタックルでOKだ!

「まだいる、まだいるよ!」と上げてみると…。

ムギを含めなんと3点掛け! 五ノ井力さんお見事でした!

濁り潮の影響でちょっと活性は低め…。でも、その活性の低いマルイカをいかに乗せるか。そこがまたマルイカ釣りのおもしろさだ!

ムギイカもまじる。このムギがまた最高においしい!

春の濁り潮だった影響か、シルエットが出やすいスッテに乗りがよかった。

ここ内房・勝山沖は開幕当初から浅場で釣れることが多く、オモリ30~40号&手巻きリールで楽しめるLT先進フィールドとして知られている。ポイントも港の目の前から浮島周辺、そして館山湾方面と広範囲に及ぶ一大マルイカフィールドだ。
ところが、3月下旬の取材時は春の濁り潮の影響でマルイカの活性はかなり低め…。
しかし、これは春特有のことだから仕方がない。この時期は釣果の上下を繰り返しながら上向いくのだ。反応は凄く、イカはいる、いつ爆発してもおかしくない。この濁りさえ取れれば、かなり期待できる。大きい反応がかなり広範囲にあルノで、今後に期待だ。
潮が変わって爆発するのも時間の問題。さあ、Xデーに備えろ!

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
東京湾 秋のサワラ祭りが開幕!ドラグが唸りをあげるほどの「マッハ・ラン」を繰り返す1m超のファイトが東京湾で手軽に楽しめる!ぜひ体験してみよう!
べた凪ぎの海で根魚&タイと遊ぶ!晩夏のタイラバゲームは入門のチャンスだ!水深20m前後の「シャロー」では、アカハタが裏本命となる。ぜひ挑戦してみよう!
9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている!金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
最新記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
1本ずつ手作りにこだわり強度に優れたコマセマダイ用仕掛け Amizesu「真鯛テーパー仕掛け(1本針・2本針)」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル