MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】

勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】

年明け早々に開幕し、一部のエリアでは水深50m以浅の浅場でも釣れはじめ、ついにマルイカもシーズン本番に突入だ!

perm_media 《画像ギャラリー》 勝山沖のマルイカ、反応バリバリ!【内房・勝山沖】の画像をチェック! navigate_next

潮が変わって爆発するのも時間の問題。さあ、Xデーに備えろ!

マルイカって、ず~っと見ていてもまったく飽きない不思議な魅力がある。なんか、とっても可愛いんですよね!

「マルイカはホントおもしろいですね! 連載も読んでネ」と、今期初マルイカ釣りを楽しんだ児島玲子さん。

この日のポイントは勝山港の目の前と浮島周辺。水深は30~50m。手巻きタックルでOKだ!

「まだいる、まだいるよ!」と上げてみると…。

ムギを含めなんと3点掛け! 五ノ井力さんお見事でした!

濁り潮の影響でちょっと活性は低め…。でも、その活性の低いマルイカをいかに乗せるか。そこがまたマルイカ釣りのおもしろさだ!

ムギイカもまじる。このムギがまた最高においしい!

春の濁り潮だった影響か、シルエットが出やすいスッテに乗りがよかった。

ここ内房・勝山沖は開幕当初から浅場で釣れることが多く、オモリ30~40号&手巻きリールで楽しめるLT先進フィールドとして知られている。ポイントも港の目の前から浮島周辺、そして館山湾方面と広範囲に及ぶ一大マルイカフィールドだ。
ところが、3月下旬の取材時は春の濁り潮の影響でマルイカの活性はかなり低め…。
しかし、これは春特有のことだから仕方がない。この時期は釣果の上下を繰り返しながら上向いくのだ。反応は凄く、イカはいる、いつ爆発してもおかしくない。この濁りさえ取れれば、かなり期待できる。大きい反応がかなり広範囲にあルノで、今後に期待だ。
潮が変わって爆発するのも時間の問題。さあ、Xデーに備えろ!

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル