MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
脂の乗った大トロ! 東京湾「トロサバ」釣りシーズン開幕【東京湾】

脂の乗った大トロ! 東京湾「トロサバ」釣りシーズン開幕【東京湾】

脂がのったサバは刺身、しめサバ、塩焼き、唐揚げ、なんにしても激ウマ! ハッキリ言って最強です。いますぐ東京湾に行け! ただちに…すぐにだっ!! 速く行けええええ〜〜〜〜〜っっっ!!!!!

丸々太った脂ノリノリのサバが入れ食いじゃ。しめサバ、塩焼き、味噌煮で最高の味だった

丸々太って脂の乗りもバッチリ。おいしいトロサバが釣れているぞ。

外道で釣れるときは、「下品な引き」なんて言われることもあるが、主役のときは「いい引き」だ。

開始直後はポツポツだったが、ひとたび食いが立つと怒涛の入れ食いに。食いだしてから2時間ほどでクーラー満タン!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「五郎丸」。

今年も東京湾でトロサバ釣りが始まった。
「毎年7月ごろから沖合のサバがエサを食べながら東京湾の奥へ奥へと入って来ます。釣り場はウチの前から海堡周りが中心で、もうすでに丸太んぼのように太っていて脂もバッチリ乗っていますよ」とは7月5日から午後船でトロサバ乗合を開始した、鴨居大室港「五郎丸」の福本一行船長だ。
サバの旬は秋から冬、と思っている釣り人が多いようだが、どっこい夏場からグングン脂が乗ってきていて、松輪のサバ漁船の船団も鴨居沖で操業しているくらいだ。
「五郎丸」のトロサバ乗合の開幕日に取材に赴いたところ40㎝級の、丸々太った脂乗り乗りのサバが入れ食い。しめサバ、塩焼き、味噌煮で最高の食味だった。
時期的に今釣れているのはゴマサバが主体だが、お盆過ぎごろからはマサバもグンと脂の乗りが良くなり、ターゲットに加わる(7~8月初旬のマサバは産卵期で脂の乗りがイマイチなことが多い)。
半日船ということで料金、釣り時間ともにお手軽、簡単に強い引きが楽しめ、数釣り可能だ。そしてなにより食べておいしいのがトロサバの最高の魅力だ。グルメ釣り師には見逃せないターゲットだ。

今回のトロサバ仕掛けはこうだっ!

タックルはビシアジ釣りのものでOK。

船宿仕掛けはハリス4号1.8mムツバリ11号の2本バリ仕掛け。手返し重視の1本バリでもいい。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
最新記事
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読