MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
脂の乗った大トロ! 東京湾「トロサバ」釣りシーズン開幕【東京湾】

脂の乗った大トロ! 東京湾「トロサバ」釣りシーズン開幕【東京湾】

脂がのったサバは刺身、しめサバ、塩焼き、唐揚げ、なんにしても激ウマ! ハッキリ言って最強です。いますぐ東京湾に行け! ただちに…すぐにだっ!! 速く行けええええ〜〜〜〜〜っっっ!!!!!

丸々太った脂ノリノリのサバが入れ食いじゃ。しめサバ、塩焼き、味噌煮で最高の味だった

丸々太って脂の乗りもバッチリ。おいしいトロサバが釣れているぞ。

外道で釣れるときは、「下品な引き」なんて言われることもあるが、主役のときは「いい引き」だ。

開始直後はポツポツだったが、ひとたび食いが立つと怒涛の入れ食いに。食いだしてから2時間ほどでクーラー満タン!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「五郎丸」。

今年も東京湾でトロサバ釣りが始まった。
「毎年7月ごろから沖合のサバがエサを食べながら東京湾の奥へ奥へと入って来ます。釣り場はウチの前から海堡周りが中心で、もうすでに丸太んぼのように太っていて脂もバッチリ乗っていますよ」とは7月5日から午後船でトロサバ乗合を開始した、鴨居大室港「五郎丸」の福本一行船長だ。
サバの旬は秋から冬、と思っている釣り人が多いようだが、どっこい夏場からグングン脂が乗ってきていて、松輪のサバ漁船の船団も鴨居沖で操業しているくらいだ。
「五郎丸」のトロサバ乗合の開幕日に取材に赴いたところ40㎝級の、丸々太った脂乗り乗りのサバが入れ食い。しめサバ、塩焼き、味噌煮で最高の食味だった。
時期的に今釣れているのはゴマサバが主体だが、お盆過ぎごろからはマサバもグンと脂の乗りが良くなり、ターゲットに加わる(7~8月初旬のマサバは産卵期で脂の乗りがイマイチなことが多い)。
半日船ということで料金、釣り時間ともにお手軽、簡単に強い引きが楽しめ、数釣り可能だ。そしてなにより食べておいしいのがトロサバの最高の魅力だ。グルメ釣り師には見逃せないターゲットだ。

今回のトロサバ仕掛けはこうだっ!

タックルはビシアジ釣りのものでOK。

船宿仕掛けはハリス4号1.8mムツバリ11号の2本バリ仕掛け。手返し重視の1本バリでもいい。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読