MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のマルイカが浅場で乗り始めたぞ!【相模湾・葉山沖〜亀城根】

相模湾のマルイカが浅場で乗り始めたぞ!【相模湾・葉山沖〜亀城根】

今年好調なスタートを切った相模湾のマルイカ。「当たり年」の呼び声が高いが、それを表すかのように3月に入ると早くも葉山沖水深30m前後の浅場で乗り出した。その後も、各ポイントでまずまずの乗りを見せる相模湾のマルイカ。このままロングランで続くことが期待される。

どのポイントも反応大! 好調ロングラン化に期待!!

当日は亀城根周辺50m前後をメインに狙った。葉山沖水深30mも狙ったが、反応のわりに乗りが渋かった。

「いいサイズがきました〜」と希香さん。

この日、希香さんは好反応を確実に乗せていった!

今までとは違う重量感は良型だった!

当日は濁りがとてもきつく当たりスッテを探すのに一苦労。ピンク系、またはブルー系がよく乗った。

女性アングラーにもマルイカ釣りは人気だ!

「軟らかめの竿を使うときは、竿を下に向けてシェイクすると仕掛けが動きやすいですよ」と永井名人。

永井名人と希香さんの師弟コンビも同時に乗せた!

乗りが悪かったら、どんどんスッテを交換してみよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり「たいぞう丸」。

「ポイントによってはイカがスレていますが、乗せる人は着実に乗せていきます。今は難しい場面もありますが、これからどのポイントも浅場で乗るようになれば、もっと釣りやすくなって楽しめますよ」とは葉山あぶずり「たいぞう丸」の山本真一郎船長。
取材では永井名人と清水希香さんが挑戦。反応のわりには乗り渋ったが、いろいろ工夫するとこのページの写真のように結果が出た。「今年はマルイカ釣りの修行をします」と永井名人。
読者の皆さんも、今年好調な相模湾のマルイカに挑戦してみよう!

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読