MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
勝浦沖で〝幻魚〟アラ狙い! 夢のビッグワンも!?【外房・勝浦沖】

勝浦沖で〝幻魚〟アラ狙い! 夢のビッグワンも!?【外房・勝浦沖】

ラスト10m、この日が中深場初挑戦となる岸野さんのラインがスーッとトモ側に走り出す。もしや!? とカメラをつかんで駆け付ければ、程なく海面下に見えて来たのは…。「TEAM OKAMOTO」春の恒例行事となった、勝浦沖の大アラ狙い。今年はいかなる結末になるか!?

呆気ない程の秒殺にドラマティックな逆転劇。ある時は勝利の美酒に酔い、またある時は蚊帳の外に苦杯を舐める

「幻の魚」とさえ呼ばれるアラは、狙ってもなかなか手に入らない魚だ。そのアラを狙った毎年春の恒例「チーム 岡本」釣行。今年は大アラこそ出なかったが、この3.8㎏など、まずまずの結果に。

無事タモに入った瞬間。これで、おいしいアラ料理が食べられる!

サメか? 本命か? 海面下に金茶色の魚体が見え、そして本命アラが浮上。最高にうれしい瞬間。

市場では超高級魚のアラ。刺身や鍋ネタ、煮ても焼いてもおいしく食べられる。

こちらもまずまずの型。この日は大アラは出なかったが、「初栄丸」の狙う勝浦沖では5〜10㎏クラスの期待も十分。

エサはサバやイカのタンザク。

アタリのあと根掛かりのような「踏ん張り」を見せる場合は本命の可能性が高い。慎重に。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「初栄丸」。

「さすがチーム岡本、持ってますねー!」中深場初挑戦者が一投目で4㎏近いアラを仕留める「快挙」に笑顔が弾けた渡辺和明船長。
毎年春の恒例行事となった勝浦港「初栄丸」での大アラ狙い仕立船。かつて同船でトロフィーを手にしたメンバーに、昨年の爆釣劇の主役達がそろった。そんな百戦錬磨のツワモノ達を差し置いて!? この日真っ先に乙姫様のハートを射止めたのは急遽参加を決めた中深場初心者の岸野さん。
「釣れないのが当たり前」と言うのは乱暴過ぎるが、毎回その位の覚悟で臨む我々と、結果を出すべく奮闘する渡辺船長の真剣勝負。
フルタイム時間切れのタフマッチ、呆気ない程の秒殺にドラマティックな逆転劇。ある時は勝利の美酒に酔い、またある時は蚊帳の外に苦杯を舐める。
気まぐれな「幻魚」とツノザメの猛攻に翻弄されながら、誰もが大アラを手にすることを夢見る。
気の置けない仲間が和気あいあいと凌ぎを削った春の午後。この日、ビッグワン浮上は叶わなかったが、3匹を上げて結果は上々。
仕立なら周年アプローチ可能の勝浦沖のアラ。お楽しみはこれからだ!

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読