MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
波崎沖の新メニューデビュー! “ライトルアーマダイ”【波崎沖】

波崎沖の新メニューデビュー! “ライトルアーマダイ”【波崎沖】

茨城県の南端、波崎をベースに営業している「sea★master征海丸」。これまでも多彩なルアーゲームを展開してきた同船が、このほど新たなチャレンジとして提案しているのが「ライトルアーマダイ」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》波崎沖の新メニューデビュー! “ライトルアーマダイ”【波崎沖】の画像をチェック! navigate_next

試し釣りで、なんと1時時間で6枚キャッチ! トップ14枚!

北村秀行さんは試し釣りでなんと1時時間で6枚キャッチ!! トップ14枚。

マダイ特有のファイトを満喫する北村秀行さん。スピニングタックルでできる。

30〜40gのメタルジグを中心にボトムまで落としてから10mほどただ巻きで探るだけだ。

しっかりとフッキングしているのが一目瞭然だ。この釣りの可能性にこれからますます期待が膨らむ。

次々にヒットするマダイたち! これはかなり楽しいぞ!!

今夜のアテはコイツを刺身で!

タイラバにもヒットした。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「sea★master征海丸」。

30〜40gのメタルジグを中心にボトムまで落としてから10mほどただ巻きで探るだけ、と釣法はとてもシンプル。ライトタックルを使用していることもあって、繊細なアタリをとってのフッキング、スリリングなファイトすべてを存分に堪能できる。体力もそれほど必要としないので、老若男女誰でも手軽に楽しめる釣りといえるだろう。
「sea★master征海丸」では2回目となる出船で同船取材を行った。開始直後、怒涛の入れ食いを見せたのは試し釣りを兼ねた初回も乗船し、16枚のキャッチに成功したというチャーマスこと、北村秀行さん。1時間もしないうちに6〜7枚にキャッチに成功! 大先生の釣り方をお手本に、周囲のアングラーも次第にコツをつかみ釣果を上げていった。
この日はホウボウ狙いも兼ねたため(残念ながらこちらは不発!)、終日マダイゲームをしたわけではなかったが、それでもトップは14枚を記録。サイズこそ1㎏前後が多かったが、今後は良型の割合が増えてくる、という。「ライトルアーマダイ」、掛け値なしに面白い! ぜひ、挑戦をおすすめしたいニューゲームだ。

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル